ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HTC Butterfly 2の水没テスト動画

DATE:
  • ガジェット通信を≫

HTC が本日発表した「HTC Butterfly 2(HTC J butterfly HTL23)」は HTC の海外モデルとしては初めて IPX5 / IPX7 の防水に対応しました。その保護性能を台湾メディアの ePrice がレポートしていたので紹介します。HTC Butterfly 2 は、HTC One (M8) 相当のスペック持った 5 インチスマートフォンで、筐体は HTC One (E8) のようにプラスチックを多用しています。保護等級では IPX5 / IPX7 の防水、IP5X の防塵に対応しています。IPX7 等級とは、”常温の水道水、かつ静水の水深 1m の水槽 に本体を沈め、30 分間水底に放置しても端末の内部に浸水せず、電話機としての機能を保つ”というものです。動画では、洗面台に貯めた水の中で端末を数秒間浸してどうなるかをテストしています。IPX7 の仕様を考えるとその性能をテストするには不十分かもしれませんが、日常生活の中で起こり得る水没シーンはカバーしていると思います。結果は、防水対応なので水没させても問題無い模様。ただ、濡れたままの画面は指でのタッチ操作に反応しにくいようでした。更新:2分23秒あたりに「NTT DOCOMO」のキャリア名が表示されています。ドコモ系のSIMカードを挿していたことによるものだと思いますが、ドコモモデルの存在も期待されるところです。Kyouさん、ありがとうざいました。

Source : ePrice


(juggly.cn)記事関連リンク
フォーカルポイント、ランニングフォームも測定できるチェストベルトタイプの心拍センサー「Wahoo Fitness TICKR Run」を国内発売、Androidでも利用可能です
Samsung、半分に折れ曲がるフレキシブルディスプレイを搭載したスマートフォンの特許を出願
Microsoft、手描き入力をサポートしたAndroid版「OneNote」アプリ(15.0.3130.1014)をリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP