ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MACO、大原櫻子、新人女性シンガーに本格ブレイクの兆し FaRao 7月音楽ストリーミングランキング

DATE:
  • ガジェット通信を≫

音楽ストリーミングランキングとは、聴き放題インターネットラジオ「FaRao」で1ヵ月間に再生された曲の、再生回数、Good回数、Bad回数を独自の集計で計算したチャート。CD売上枚数やダウンロードのランキングとは一線を画した、ユーザーが直観的に、本当に良い曲だと感じている曲がわかるランキングである。

聴き放題インターネットラジオFaRaoが、音楽ストリーミングランキングの7月度TOP20を発表した。邦楽部門はMACOの「私たちは絶対に絶対にヨリを戻したりしない~We Are Never Ever Getting Back Together (Japanese Ver.)」が、洋楽部門はジャック・ジョンソンの「ユー・アンド・ユア・ハート」が、それぞれ1位を獲得した。

この「音楽ストリーミングランキング」とは、ユーザーが「Good」「Bad」を選択することで自分好みの音楽チャンネルが作れるFaRaoにて、再生された曲の「Good」率と「Bad」率を集計、再生回数に加味して独自の計算で算出した月間チャート。つまり、ユーザーが直感で「いい曲!」と思った曲がわかるランキングとなっている。

7月度の邦楽チャートは、MACO、大原櫻子と新人女性シンガーが1位、2位を独占。どちらも2013年末から2014年にかけて徐々に話題を集めてきたニューカマーだが、ここにきて、いよいよ本格ブレイクの兆しを見せている。

1位となったMACOは、“SNS世代の歌姫”として注目を集める現在23歳、北海道出身のシンガーソングライター。ブレイクのきっかけは、YouTubeで発表してきた洋楽ヒット曲の日本語カバーだ。彼女の公式YouTubeチャンネル「MACO_CHANNEL」は開設から7ヶ月で、総再生回数が遂に1000万回を突破。チャンネル登録者数は10万人に届く勢いとなっている。

なかでも一番人気となっているのが、ランキングでも1位になった「私たちは絶対に絶対にヨリを戻したりしない~We Are Never Ever Getting Back Together (Japanese Ver.)」。5月に配信リリースとなったメジャーデビューシングルのこの曲は、テイラー・スウィフトのカバー。6月には来日したテイラー・スウィフトと感動の対面を果たし、7月にはこの曲を収録したメジャーデビュー・ミニアルバム『23』がリリースされるなど、注目はさらに拡大。FaRaoの月間ストリーミングランキングでも、6月度の7位から1位へとジャンプアップを果たした。

ミニアルバム『23』にはケイティ・ペリーのカバー「Roar (Japanese Ver.)」やアヴリル・ラヴィーンのカバー「Rock N Roll (Japanese Ver.)」、さらにはオリジナル曲のバラード「ありがとう」も収録。感情ゆたかな歌声と女の子の共感を集める歌詞の世界観で、より広く人気を拡大していきそうだ。

2位の大原櫻子(from MUSH & Co.)「頑張ったっていいんじゃない」は、映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』のヒロインとして抜擢され一躍脚光を浴びた大原櫻子が、映画からのスピンオフシングルとして6月25日にリリースしたナンバー。劇中に登場したバンド「MUSH & Co.」の名義で昨年末にリリースしたデビューシングル「明日も」も、FaRao月間ストリーミングランキングの5月度で9位にランクインするなどロングヒットを記録しており、単なる話題性だけでなく曲のポップセンスと彼女のキュートな歌声が支持を集めたことを証明している。現在は『水球ヤンキース』で連ドラ初レギュラー出演、フェスやイベントへの出演もあいつぎ、女優/シンガーとして着実にステップアップを中。ポップスターとしてさらなる飛躍を果たすことは間違いないだろう。

一方、洋楽の1位は、先日のフジロック・フェスティバルでも3日間の大トリをつとめたジャック・ジョンソンの「ユー・アンド・ユア・ハート」。他にも「ネヴァー・ノウ」や「ゴーン」など計5曲がランクインし、支持を集めている。その背景にはアプリ内で展開されていた「サーフミュージック特集」での高評価があるようで、2位のジェイソン・ムラーズ「アイム・ユアーズ」もアコースティックギターの心地よい響きとナチュラルな歌声を活かしたサーフミュージックの名曲。他にもコルビー・キャレイが「フォーリン・フォー・ユー」など3曲ランクインするなど、夏にピッタリの楽曲が多数ランクインしている。

邦楽のほうでも、実は夏を感じさせる楽曲が多数ランクインしている。BONNIE PINK「A Perfect Sky」やMINMI「シャナナ☆」、mihimaru GT「気分上々↑↑」は、夏のビーチが思い浮かぶようなバカンスソング。暑い日差しの中のドライブにもピッタリだろう。一方、ボカロ曲で上位にランクインした150P「終焉ノ栞」は、小説やコミックも人気なホラーミステリーのメディアミックス・プロジェクト。いわば「怖い話」ということで、こちらも夏の定番と言っていい。

というわけで、7月度もかなり興味深いチャート状況となっている。今回紹介したランキングの楽曲は、すべてFaRaoアプリ内で無料で聴くことが可能。ぜひチェックしてみてほしい。

TEXT: 柴 那典

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
【音楽ストリーミングランキングの画像】

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP