ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

港南?品田?山手線新駅を巡って命名論争勃発

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2020年に開業を予定しているJR山手線の新駅について、その命名を巡り、早くも激しい論争が勃発している。

この駅は現在の品川 駅と田町駅との間に設置される予定で、住所としては、港区港南にあたる。そのため、「港南駅でよいのでは?」という声もあがっているが、同駅の東側地域にちなんだ「芝浦」や、慶應大学のキャンパスにちなんだ「三田」、さらには既存駅の双方から命名する「品田」など、実現すれば半世紀ぶりに山手線の新駅が誕生となるだけに、また、その経済効果が1.4兆円にものぼると予想される大事業だけに、早くも多くの候補が名乗りを上げている。こうした動きに対し、ネット上では、

「品田ってなんだよwwww」

「ここは一つじゃんけんで…」

「あれじゃね?開業を早めて五輪記念駅みたいなのにしたらよくね?」

「コーナンってホームセンターみたいだなw」

「慶應閥の圧力で、慶應 三田キャンパス前駅とか」

「結局、公募でいみわかんねえのが決まるんだよな」

…と、様々な意見が。2020年の開業まで、残り約5年半、正式名称の決定まで3年近くかかる見通しだというこの新駅、周辺の不動産事情なども含め、様々な部分に大きな影響を与えかねない性質のものだけに、現在のところJR側は、当面の間、その候補すら出さないと決めているようだが、果たして、最終的にどのような名前に落ち着くのか、世間の注目が集まっている。

文・今岡憲広

■参照リンク

JR東日本 東日本旅客鉄道株式会社

http://www.jreast.co.jp/ 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP