ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Blur – A Launcher Replacement : ホーム画面のページでアプリが使えるカスタマイズ対応のAndroid用ホームアプリ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

全てホーム画面のページです

「Talon for Twitter」や「EvolvSMS」などの人気アプリの提供元として知られる Klinker Apps が、様々なアプリをホーム画面のページとして追加できる新たな Android 用ホームアプリ「Blur」を開発し、Google Play ストアにリリースしました。Blur は、Google Now ランチャーのデザイン・レイアウトを採用したサードパーティ製のカスタマイズ対応ホームアプリです。このアプリの特徴は、外部の Android アプリ(対応する必要があります)をホーム画面のページ全体を使って表示できるところ。Google Now ランチャーの場合は、画面を右側にスワイプすると Google Now パネルが表示されますが、同じ方式で Blur では他社のアプリを表示させることができます。しかもページは複数作成できるので、よく使うアプリは本体を起動することなくホーム画面上で利用できるようになります。Blur のページに表示できるのは対応したアプリ(プラグイン)のみです。Blur では外部からのアプリをサポートしており、対応するとページに表示することができます。現在は、電卓、Blur 情報(天気・カレンダーの予定、アラームのカード)、同社提供の Talon プラグインのみ。プラグインが増えればかなり使えるホームアプリになると思います。Blur の特徴となるアプリページを作成する方法を紹介します。画面を長タップして「Settings」→「Page Picker」にアクセスし、各ページ番号の下の「+」をタップ。リストに表示されるアプリを選択し、チェックマークをタップして決定します。これで完了。Blur」「Talon (Blur Launcher Page)」(Google Playストア)


(juggly.cn)記事関連リンク
Microsoft、手描き入力をサポートしたAndroid版「OneNote」アプリ(15.0.3130.1014)をリリース
AQUOS Crystalが米国で発表、Sprint / Boost Mobile / Virgin Mobileを通じて比較的安価で販売
KDDI、「HTC J One HTL22」のAndroid 4.4アップデートを8月下旬に実施予定

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。