ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アリエールが史上最高のバカ企画!4000万円以上かけて洗濯実験を行って話題沸騰中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

生きていれば必ず、衣服を汚してしまうことは避けられない。食べ物、飲み物をこぼしちゃったり、泥が跳ねたり、汗ジミができてしまったり…。汚れの原因はあちこちに隠れているものだ。さて、そんな中、”洗濯科学”を謳う洗剤アリエールが製作費4,000万円以上もかけたありえない洗濯実験ムービーを公開、話題を呼んでいる。

人生についてまわる汚れあるあるを実験風に再現したこの動画。監督は世界3大広告賞すべてにおいてグランプリを獲得している児玉裕一が務める。

内容はというと、「人生は不意な汚れの連続」というテーマで語る白髪の科学者が登場。人生と汚れについて至極真面目に語りながら、汚れマシーンの間を通り、マスタード、コーヒー、泥、ワインなどの日常で直面する汚れに自ら体当たりで挑んでいく。

このマシーンがかなり個性派揃いで、パスタソースを飛び散らす回転フォーク、マスタードを勢いよくかけすぎるアーム、コーヒーを予期せぬ角度で出すサイフォン、水たまりの泥水をはね散らす車、赤ワインをグラスに注ぎ損ねるサーバー、漂白剤を打ち飛ばすゴルフクラブ……と想像の限りを尽くした汚れ生産機が勢ぞろい。そのため科学者がマシーンを通りぬけた頃には、白衣は汚れでいっぱいに。それでも余裕な表情を見せる科学者。なぜなら、漂白剤なしでもアリエール1本で汚れをすべて落とすことができるから……。といった作りとなっている。

【動画】http://youtu.be/BCWlg5R9rQ0

もう絶対取れないと涙目になっていたヒドい汚れも、洗剤次第で落ちるかも。洗濯に悩みや諦めを抱いていた人にこそ見てほしい動画だ。

■参照リンク

アリエール

http://www.myrepi.com/tag/ariel-products-aipg#movie 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP