ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

底値買いのために知っておきたいスーパーが仕掛ける落とし穴

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 広告の品だけ買えばお得なのに、ついつい余計なものまで買ってしまうからお金が貯まらない。

「スーパーはお客さんの心理を先読みし、買わせるための仕掛けを売り場の随所に仕込んでいます」と言うのは、早稲田大学教授の守口剛さんだ。

「例えば、特売のカレールー。ルーだけ買えばお得ですが、ルーだけではカレーはつくれないので、豚肉やにんじん、じゃがいも、玉ねぎなどもついでに買い求めたくなります。底値買いを徹底するには、こうした売り場の仕掛けを知っておくことが重要です」(守口さん、以下同)

 守口さんが指摘するスーパーの落とし穴を紹介すると…。

●特売のまわりに買ってはいけない食材

 特売品をエサに他の食材を買わせるのはよくある仕掛け。カレールーのほか、豚肉のそばに『回鍋肉の素』などが並べられることも。

「調理法を提案されると、買い手は、献立を考える手間が省けるのでラク。購買につながります」

●ショッピングカートが気の緩みに

「ショッピングカートを使うと、重みを感じないため、商品をカゴに放り込みやすい。また、人は本能的に、容器があると、その大きさに見合ったものを入れるクセがあり、なんとなく食材をいれてしまいます」

●均一価格のマジック

「“冷食100円均一”などのセールは、均一価格というだけで、“安い”という先入観を持ってしまいます。また、価格の比較をする必要がないので、購入の決断をしやすくなります」

※女性セブン2014年8月21日・28日合併号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
満足度高い西友のプライベートブランド 特におすすめはお酒
主婦愛用アプリ「シュフモ」で近隣スーパー特売品一括把握可
PA内ココイチ名物 ロースカツと海老フライのKabuto カレー丼

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP