ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シリア男性誘拐事件 ジャーナリストによる「情報提供」に日本人総激怒

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中東・シリアで、日本人と見られる男性が現地のイスラム教スンニ派過激組織・ISISによって拘束、監禁されている事件で、ある日本人ジャーナリストがわざわざISISに対して、この男性の素性について確度の不明な情報をtwitter上で提供、男性の命をさらに危険なものにしたとして批判を浴びている。

「わざわざ殺させるために情報提供って、本当に許せんな」

「屑すぎる」

「普通に間接的に人を殺してるね。 」

「証拠のツイッター、本人が即行ロック中 ページトップに言い訳書いてる 」

「相手がどんな人間であっても 発覚すれば殺されると判ってチクったんだから 人を殺したと言われても仕方ない」

また、このジャーナリストのツイートで終わることなく、民主党の有田芳生議員までもが、元航空幕僚長・田母神俊雄氏と被害者と思しき男性のツーショット写真をリツイートしたことで、さらに男性の状況を深刻なものとすることに。田母神氏によると、この画像はファンサービスの一環だったようで、「彼との写真は私が何千人かと撮った写真の一枚」とのことだが、田母神氏は海外でもその存在を知られているだけに、件のジャーナリストのみならず、有田議員についても、「なぜこのタイミングでそんなことをするのか」「日本人が首を切られて喜んでるような奴が国会議員とか狂ってる」「有田芳生がISISのツイッターを自慢げにリツイートしてるけど何考えてんの?」と激 しい批判が殺到している。

現在のところ、男性の素性に関する正確な情報も、その安否についても不明な点が多く、また、現在進行中の事件であるだけに、迂闊には言及できないが、そうした緊迫した状況のなかで、インターネットを利用してこうした発言をすることで、男性の命がさらなる危険に晒されるであろうことは明々白々。良識ある日本人ユーザーは、くれぐれも遊び半分でこのような言動をとらぬよう、お願いしたい。

文・猪俣進次郎

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP