体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

いま改めて振り返る「エヴァ」劇場版──旧劇場版テレビ放送記念

いま改めて振り返る「エヴァ」劇場版──旧劇場版テレビ放送記念

DEATH (TRUE)² / Air / まごころを、君に
日本のアニメーション作品を語る上で、もはやその影響力から決して外すことのできない作品「エヴァンゲリオン」シリーズ。

『不思議の海のナディア』で高い評価を得た庵野秀明さんを総監督として、多くの才能が集ったアニメスタジオ・GAINAXが生み出したアニメーション作品です。

1995年から放映された『新世紀エヴァンゲリオン』はこれまでのアニメーションの文脈や常識を覆すような急転直下な展開、宗教学を引用するなどの難解な設定、貞本義行さんのキャラクターデザインによるレイやアスカなどの魅力的なキャラクターで多くの人々を惹き付け、社会現象とまで呼ばれました。

テレビシリーズの放映からまもなく20年の月日が経とうとしている現在、「エヴァンゲリオン」はさらに幅広い層にリーチし、より強固な人気を確立しているといえます。なによりもまだ物語が終わっていないのがすごい。

そして、ついにこれまで地上波で放映されることのなかった旧劇場版の放映が行われるまでに至りました。

放映を記念し、改めて、それぞれの劇場作品について振り返ってみたいと思います。

旧劇場版

新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生

英題:Evangelion: Death and Rebirth

公開日:1997年3月15日

最初の劇場作品。テレビシリーズで賛否を呼んだ第弐拾伍話、最終話をやり直す形として制作が行われました。

テレビシリーズの総集編的な役割を持つ「DEATH」と、劇場版第25話にあたる「Air」の前半部分までを収録した「REBIRTH」の二編からなります。

前半部分までしか上映されなかった理由は、制作が間に合わなかったため。上映一ヶ月前に監督の庵野さんが謝罪会見を行ったエピソードが有名です。

新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に

英題:The End of Evangelion

公開日:1997年7月19日

「REBIRTH」の完全版であると同時にテレビシリーズ第弐拾伍話のリメイクとしての「Air」と、完全新作のエピソードが第26話「まごころを、君に」がセットになって上映されました。

今作をもって『新世紀エヴァンゲリオン』は完結しました。

新世紀エヴァンゲリオン劇場版 DEATH (TRUE)² / Air / まごころを、君に

英題:REVIVAL OF EVANGELION

公開日:1998年3月7日

『シト新生』の「DEATH」を監督の再編集した「DEATH (TRUE)²」と「Air」、「まごころを、君に」を繋げた作品です。オリジナルの「DEATH」編で制作された新作シーンの多くは再編集版でカットされてしまいましたが、DVDで増補された第弐拾壱話から第弐拾四話へと転用されています。

制作の進行が上手くいかず、つぎはぎなイメージのある旧劇場版の本来あるべきバージョンとなっています。現在販売されている旧劇場版のDVDは、この作品をデジタルリマスターしたものです(他は絶版)。

新劇場版

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序

英題:EVANGELION:1.0 YOU ARE (NOT) ALONE.

公開日:2007年9月1日

『シト新生』から10年、テレビシリーズ放映から12年の時を経て新たに制作された「エヴァ」。制作会社もGAINAXから庵野さん率いるスタジオ・カラーとなり、エヴァの表記も「ヱヴァンゲリヲン」に変更されています。

基本的なストーリーはTVシリーズを引き継ぎつつも、随所で変更が見られます。

新劇場版の制作にあたり「現在の閉塞した日本アニメ界に新たなムーブメントを起こしたい」「この12年間エヴァより新しいアニメはありませんでした」との所信表明を、監督から総監督となった庵野さんが発表しました。

1 2次のページ
KAI-YOU.netの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy