ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンクから業界初の“ほぼフレームなし”スマホ登場 バッテリーカバーも着せ替え可能に

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


ソフトバンクモバイルは、シャープ、ソフトバンク傘下の米スプリント社と共同開発を行った”フレームレス構造”のスマートフォン『AQUOS CRYSTAL』の国内販売を、8月29日より開始。18日に行われた発表会で、その詳細を明らかにしました。

※すべての画像が表示されない場合はコチラのURLからご覧ください
http://getnews.jp/archives/647295


『AQUOS CRYSTAL』の最大の特徴は、業界初の“フレームレス構造”と呼ばれる、ディスプレイのフレームを極限までなくすことを実現した“CRYSTAL DISPLAY“。端末は持った時に手にしっくりなじむサイズ感ながらも、見やすく操作しやすいディスプレイは、まるで画面だけを持っているような新鮮な感覚を味わえます。


67(幅)×131(縦)×10(厚さ)ミリで、重さ約140グラム、5.0インチHD(1280×720ピクセル)の大画面ディスプレイを搭載する『AQUOS CRYSTAL』について、ソフトバンクモバイルのマーケティング戦略統括部長、田原眞紀氏は、同じサイズの液晶を搭載した1年前のモデル『AQUOS PHONE Xx 206SH』と比べても、「さらに小さく、持ちやすくなっているので、女性でも片手で操作しやすくなっています」と、女性向けにも強くアピール。


個人で使用している『iPhone 5s』に慣れた筆者からしても、やや重く大きいはずである『AQUOS CRYSTAL』のサイズ感はまったく気にならず、代わりに得られるその大きな画面には魅力を感じました。

専用アクセサリーの着せ替えが楽しい


『AQUOS CRYSTAL』の発売同日には、同機種専用のアクセサリー全29アイテムを展開。“SoftBank SELECTION”の取扱店およびオンラインショップで販売します。美しい世界観を演出するクリスタルジャケットは、そのまま端末に取り付けて使用が可能。



また、本体背面のカバーを取り外して付け替えることで、本体と一体感のあるデザインを楽しむことができるバッテリーカバーも登場。気分にあわせてさまざまなデザインやスタイルへ変更することが可能です。

高音質Bluetoothスピーカーも同梱


発表会では、音楽や映像を楽しむユーザーを想定し、その音質における強いこだわりも紹介されました。『AQUOS CRYSTAL』は、圧縮デジタル音源再生時に失われた高域の情報を復元する、米オーディオメーカー・ハーマン社独自の音楽復元技術“Clari-Fi(クラリファイ)”を搭載。


さらに、端末購入時の標準セットとして、ワイヤレススピーカーシステム『harman/kardon ONYX STUDIO』を同梱。スピーカー本体には3インチ・ウーファーを2基、3分の4インチ・トゥイーターを2基搭載し、15W×4基のアンプと4パッシブラジエーターにより、持ち運び可能なほどコンパクトながら、Bluetooth接続で高音質な音楽を楽しむことができます。

その他の基本機能


有効画素数約800万画素のカメラ機能としては、複数枚撮影した人物と背景の写真を後から合成することで、背景と人物の画像を明るく鮮明に撮影することができる“NightCatch II”や、撮影シーンに合わせてガイドしてくれる“フレーミングアドバイザー”などの機能を搭載。さらに、カメラに写った文字を指でなぞるだけで関連する言葉や画像などが検索できる“検索ファインダー”、英語の文章にカメラをかざすと日本語に変換して表示する“翻訳ファインダー”など便利な機能も備えています。




主な仕様としては、OSはAndroid 4.4.2。CPUはMSM8926 1.2GHz(クアッドコア)。メインメモリは1.5GBで、内蔵ストレージは8GB。外部メディアはmicroSDXC(128GB)に対応。Wi-Fiは11b/g/n対応。バッテリ容量は2,040mAh。国内の通信方式はW-CDMA(900MHz/2.1GHz)、AXGP(2.5GHz)、FDD-LTE(900MHz/1.7GHz/2.1GHz)をカバーし、ソフトウェアアップデートにより、『VoLTE』や高品位な音声通話ができる『HD Voice』にも対応を予定しています。


カラーバリエーションはホワイト、ブラック、ピンク、ブルーの4色です。

プレミアムモデルが12月以降に登場


さらに、『AQUOS CRYSTAL』の上位機種『AQUOS CRYSTAL X』が12月以降に発売予定です。導入時には『VoLTE』への対応を予定し、カメラ機能を有効画素数約1310万画素としたほか、ワンセグやおサイフケータイなど、日本人が好みとする必要な機能を搭載。CPUやメモリなども、通常よりも高スペックなモデルとなる予定です。カラーバリエーションは、レッド、ホワイト、ブラックの3色で展開。

『AQUOS CRYSTAL』の予約は、本日8月18日(火)より受付を開始しています。



『AQUOS CRYSTAL』製品サイト:
http://www.softbank.jp/mobile/product/smartphone/aquos-crystal/[リンク]

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP