ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

敗れざる者たちの名言録2014夏「甲子園には神様しかいない」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 夏の甲子園で全49代表が登場し、その半分が甲子園を去った。彼らが残した言葉のうち印象的なものを紹介しよう。(取材・文=フリーライター・神田憲行)

 * * *

京都代表・龍谷大平安高校・原田英彦監督(センバツ優勝校。春夏連覇を目指したが、開会式直後の開幕試合で敗れる)

「(開会式直後の特有な雰囲気で「甲子園の魔物」にのまれたのではないか)魔物っていわれますけれど、僕は甲子園には神様しかいないと思っています。神様が向こうを向いただけ」

西東京代表・日大鶴ケ丘・秋山翔投手(笑顔で取材に応じる)

「(甲子園の印象は)自分たちの力以上のものを出せる場所。悔いは全く無いです。今日はいつもより球がきれていました」

宮崎代表・日南学園・椨木(たぶのき)翔選手(東邦の1年生投手に抑えられた)

「ストレートの伸びが全然違う。勝負なんで学年は全く関係ありません。ストレートでどんどん押してくる良い投手でした」

大分代表・大分・佐野皓大投手(大会屈指の右腕と前評判が高かったが、5失点で敗れる)

「(相手の印象を聞かれて)まあ……強かったっす」

茨城代表・藤代・竹内悠投手(初回8点を先制するも逆転負け)

「(しばらく顔面を覆って泣く)野手があんなに点を取ってくれたのに、自分があんな無様なピッチングをしてしまい申し訳ないです。初回の8点で守りにいってしまった」

山口代表・岩国・二十八(つちや)智大選手(4番打者ながら無安打に終わる)

「ヒットが打てなくて悔しいです。それしか残ってないです」

和歌山代表・市和歌山・山根翔希選手(満塁で自分に飛んできたゴロをバックホームせず一塁に送球してサヨナラ負け)

「(壁に向かってしゃがみ込んでひとしきり泣いたあと)バックホームだとわかっていました。でもバウンドが変わって思ったより跳ねなくて、グラブを(普通ではない)上からかぶせて取りにいくことになって、頭がパニックになってしまいました。一塁に投げた瞬間、バックホームと思い出しました。自分のせいで負けました」

広島代表・広陵・吉川雄大投手(9回満塁から押し出しサヨナラ四球で敗れる)

「(「満塁で3ボールになって、捕手がマウンドに行ったが、何を話したのか)『ストレートをど真ん中に投げてこい』と言われました。ミットは真ん中に構えてました。でも投げた瞬間、ボールが指からすっと抜ける感じがして……試合後に『悔いはない』といってもらいました」

愛媛代表・小松・宇佐見秀文監督(初出場校、3点差を9回に逆転されて敗れる)

「負けて悔しい反面、選手はよくやってくれたという少しの満足感もあります」

奈良代表・智弁学園・岡本和真選手(高校通算本塁打73本を誇る今大会随一のスラッガー)

「(ホームランを意識した打席はあったか)なにがあってもホームランは意識しないです。ホームラン打っても1点しか入らないので」

島根代表・開星・黒田雅也主将(優勝候補の大阪桐蔭を相手に4点先制するが、ボークで2点を失い逆転負け)

「あれだけボークを取られたのは初めて。全国の舞台はそういう細かいところも厳しいなと思いました」

長崎代表・海星・吉田嵩投手(故障上がりのため先発出来ず、2番手として登板)

「(マウンドに上がったのときの気持ちは)エラーした奴が引き気味だったのでもっと前向いてやれるように、自分の背中を見せようと思いました。リラックスして投げられました。せっかくの大観衆の元で投げられるのだから緊張していたらもったいないので」

千葉代表・東海大望洋・木村幸樹主将(初出場校)

「負けてしまい先生に初の1勝をあげられず申し訳ないです。雨の中、応援してくれたチームメイト、生徒、保護者、一般の人にも申し訳ないです」

神奈川代表・東海大相模・平山快主将(優勝候補最右翼も、相手投手の巧みな投球術にはまり敗れる)

「(相手の盛岡大付・松本裕樹投手の印象は)変化球をとにかく低めに集めに来て、三振を獲りたいときはストレートを投げてきた。何通りものピッチングをもっていた印象です」

秋田代表・角館・小松葉瑠記録員(初出場校の女子マネージャー)

「(甲子園の想い出は)代表に決まってこっちにきてからも、選手に秋田代表の自覚が出てきて、人としての成長が見られたことです。(たとえば)以前は私から言わないと手伝ってくれなかったのが、今は率先してベンチ外の3年生が手伝ってくれます。たぶんチームに自分が何が貢献できるのか、考えたのだろうと思います。(普段のふだん女子マネの仕事はなんですか)お茶を用意したり、おにぎり握ったり、道具を整理したりとかです。

(女子マネの仕事の面白さはなんですか)先ほども申し上げたように、選手の成長を間近に見られることです。入学してから今までの成長が見られるし、選手のサポートができるのはとても幸せなことだと思います。(なぜ女子マネになろうと思ったんですか)中学時代にバレーボールの選手をしていたので、高校ではプレーヤーじゃなくて支える側の視野を広げたかったのと、高校ではいちばん忙しい部活に入って、学生生活を充実させたかったからです。あと兄も野球部だったので、その影響もあります。(将来の夢はなんですか)選手をサポートする面白さがわかったので、柔道整復師とか理学療法士とか、スポーツに関わる仕事がしたいです」

栃木代表・作新学院・朝山広憲選手(昨年は1年生投手として甲子園で活躍)

「(去年の自分と比較して今年はどうか)まだまだだな、というひと言です」

北北海道代表・武修館・小林正人監督(初出場で大会最年少の26歳の監督)

「(初出場した甲子園の想い出について)お客さんの距離がとても近いので、身振り手振りで応援している姿がよく見えました。声援もよく聞こえて、試合後にベンチから引き上げるときに『まだ戻ってこいよ』と言われて感動し、泣きそうになりました。甲子園はすごい暖かいところですね」


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
延長15回裏サヨナラヒット ベース踏み忘れで甲子園幻の事件
夏の甲子園 大会通算戦績で最も強い地域は近畿で勝率は.596
夏の甲子園 学校別通算勝利数の1位は愛知の中京大中京76勝

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP