ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

江角マキコのママ友いじめ騒動 反論出るも江角への同情論も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ママ芸能人の一言がきっかけで、女性誌やワイドショーで大論争が起きている。江角マキコ(47)が告白した「ママ友からのいじめ」に同級生の母たちが猛反論し、悪口の応酬が始まったのだ。

<いじめがあったとするならば、(略)彼女は被害者というよりも加害者>

<いま通っている学校が嫌なのであれば、なぜ2年前に下の息子さんを同じ学校に受験させたのか>

 父親たちの想像をはるかに超えるママ同士のバトルはなぜこうも過熱するのか──。

 同じ学校に子供を通わせる保護者に取材すると、母親たちは「江角さんの件は話したくない。学校のイメージが悪くなる」と言いながら、次第に熱を帯びてきた。

「あんなことをブログで発表するなんて非常識すぎる。身内の恥をさらすような……。周囲のママ友に喧嘩を売っているとしか思えない」

「江角さんは全部自分で仕切らないと気が済まないタイプで、自分こそが正義の味方だと思い込んでいる。PTAに最後にやってきては決まりかけたことをひっくり返すんです」

 一方で、江角に同情的な母親もいた。

「確かにリーダー格のママが江角さん嫌いで、食事会も彼女にだけ声をかけなかったりしていた」

「江角さんの下のお子さんが、受験したことを持ち出すのはなんかヒドい。個人情報でしょう?」

 ある学校関係者は、こんな内部事情を口にする。

「この学年には有名人の子が多く、派閥争いみたいなことがあって、もう1人の有名人ママと江角さんの対立も激しかった。幼稚園の頃からもめごとが多かったんです。モンペ(モンスターペアレンツ)同士の争いに多くの母親は迷惑していました」

『ママの世界はいつも戦争』の著者でノンフィクション作家の杉浦由美子氏はこう語る。

「女性の世界というのは『目立ってはいけない』というのが基本なんです。とくにママ友の世界には歴然としたカーストがあって、それは夫の職業や収入、自身の実家や着ている服などで決まります。そのカーストを飛び越えるような行動を取ると、いじめの対象になってしまうことがある。

 江角さんの子供が通う有名私立は裕福な家庭が多いですが、名門校のお母さんは意外に地味ですね。たとえば『黒や紺で地味だけど高そう』というのが服装の基本です。江角さんのように背が高く、意見をハッキリ言う人はどうしても目立ってしまうのでしょう」

 幼稚園、小学校とママ友関係は長期にわたる。母親たちが「出る杭は打たれる。いつもヒヤヒヤしています」と怯えるママ友の世界。男たちには理解しがたいが、「そうしたストレスが子供の教育に影響することも珍しくない」(杉浦氏)という。

※週刊ポスト2014年8月29日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
江角マキコの女王様キャラ 収録現場では「江角待ち」も発生
江角マキコ 「他人の子でも厳しく叱る」MYルールを持つ
ブログでいじめ告白した江角マキコにママ友が「抗議声明文」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP