ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ホットパンツがセクシーすぎる!美女揃いなavex「海の家」に潜入取材してきたゾ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ホットパンツがセクシーすぎる!美女揃いなavex「海の家」に潜入取材してきたゾ

男と女が開放的になりせめぎ合う季節、夏―。夏といえば花火、祭りなどと連想する人もいるだろうが、もっと素晴らしいものがある。そう、それは海の家である。

神奈川県は由比ヶ浜で、『avex beach paradise powered by UULA』、つまりは「海の家」が7月31日よりオープンしているが、こちら、まさに夏がピッタリな “UULAガールズ”といわれる子たちがお出迎え!しかも美女揃い!どうにかして口説きたい!といわけで、そんな妄想男子に向け、UULAガールズたちを一部ご紹介するぞ。

1人目は、昔男の子からプールに誘われたものの、25mプールのある市民プールに連れてかれたという苦い思い出をもつ古賀あかねちゃん。この子を口説くにはどうしたらよいか、話を聞いてみると、どうやらギャップに弱いらしく、「男の人のギャップを見た時にドキッとしちゃう」とのこと。海で見せるギャップについては今から考えておく必要があるかもしれない。

続いて2人目は、身長171cmで股下86cmという抜群のプロポーションの持ち主・福良真莉果ちゃん。「働いている時も考えてしまうほどゴルフが好き」らしいので、海の家で見かけたら、ゴルフの話題を振ることで、いつか彼女と並んで歩く時が来るかもしれない。また、「好きなタイプは武井壮」とのこと。タンクトップが似合う熱い男もチャンスをモノにできるかも!?

さらに3人目は、お酒が大好きで、「土日平日関係なく飲んでいます!」という、海の家歴2年目の永井裕菜ちゃん。こんなおさげの似合う女の子と絡むなんて無理無理!と思ってしまうが、「男女関係なく出会いを求めています!」と豪語しているので、大好きな酒をひたすらご馳走し、面白い話で盛り上がれば、「番号は無理でもLINEぐらいなら…」となるかもしれない。

ラスト4人目は、「すごく暑がり、せっかく海で働いているんだから海に入りたい」と話す阿久津梨奈ちゃん。

好きなタイプを「ガッチリして筋肉ムキムキな人が好きです。腹筋とか割れちゃっている感じ」と語る彼女に対しては、もう筋肉アピールのみ!海に向けて体を鍛えた、そんな男はまず彼女に会い、自分の筋肉レベルを聞いてみてほしい。

ざっと紹介したが、いかがだろう、自分にもチャンスはあると感じただろうか。まだ感じていない人もいるかもしれない。しかし、誰もが楽しめ、美女たちとグッと距離が縮まる、そんな夢のようなモノがここ『avex beach paradise powered by UULA』にはある。それは、店内に設置してある『UULA Movie Camera』(以下、ムビカメ)だ。

ムビカメとは、ざっくりいうと”動くプリクラ”で、約10秒程度撮影される動画が、UULAムビカメ特設の公式facebookで自動アップロードされる仕組み。最新デジタルサイネージを導入し様々なフレームを用意しており、料金も無料で、何度でも撮影できるのも嬉しい。「店員のお姉さんと撮りたいです!」なんて声をかけたところで、いやらしくなく聞こえ、これならば気軽に声をかけることもできる。ましてやブース内に一緒に入り撮影を楽しめば、自然と距離が縮まること間違いなし!さらにそんな淡い夏の思い出をfacebookでシェアすることもでき、体験した人にはもれなく、防滴スマホケースをプレゼントしている。申し分がない。

ちなみに今回この海の家をサポートしている「UULA」だが、映画やドラマ、アニメなど95,000以上のコンテンツが見放題のソフトバンクのスマートフォン向け総合エンタメアプリ。8月6日からは1週間お試し無料登録もスタートしているので、これを機会にチェックしてみてはいかがだろうか。

『avex beach paradise powered by UULA』は8月31日まで営業。ラストスパート、””UULAガールズ”に駆け寄ってみたら、意外な結末が訪れるかもしれない。

■参照リンク

・海の家URL

http://avexbeachparadise.com/ 

・UULA Movie Camera 専用特設facebook

https://www.facebook.com/UULAmoviecamera 

・UULA公式サイト:uula.jp

http://uula.jp/top/pc/index.html 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。