ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ネトゲの戦績」で内定ゲットできる? 「ギルドマスターはマジ大変」と共感の声も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

履歴書の趣味欄に何を書くかは、悩みどころだ。特にマニアックなものを正直に記入するのは気が引ける。ところがスターバックスの最高情報責任者(CIO)を務めたスティーブン・ジレット氏は、入社時になんと「私はレベル70のパラディン」などネットゲームの戦績を履歴書に書き、見事採用されたという。

米CNNの記事によると、ジレット氏は世界的に人気の高い「ワールド・ウォークラフト」の愛好者。パラディンとはゲーム内のジョブ(職種)の一つで、高い防御力と回復魔法が特徴だ。レベル70という数値からも、かなりやり込んでいたことがうかがえる。さらに、グループを束ねるギルドマスターも担当していた。
やってる内容は「会社の管理職」とかなり近い

ジレット氏はこれまでも履歴書に職務経歴と一緒に、ゲーム内でのギルドやランキングについて書いてきたといい、これがスタバ代表のハワード・シュルツ氏に目に止まった。

ただし、スタバの前には米ヤフー!やメディアサイトのCNETで勤務し、現在はセキュリティソフト企業のシマンテックのCOOを務めているというから、ビジネス面でも経験豊富だったのだろう。

米国には同様の経験を持つ人が、他にもいるようだ。ウォール・ストリート・ジャーナルは、履歴書にゲームの戦績を書いて、ミシガン大学情報学部のディレクター職に内定した女性を紹介している。この女性もゲーム内で500人が所属するギルドの管理をしていた。

一体、ゲームの何が就職や転職に有利に働くのか。考えられるのは、ゲームを通して管理職のスキルを身につけている可能性がある点だ。

多くのネットゲームでは、ギルドマスターが「初心者専用」「対人戦重視」などとギルドのコンセプトを設定し、そこから目標を決めて舵取りをする。

ギルド内での役職任命や、メンバーの加入承認・除名などのなどの人事権も持ち、ゲームといえども、やっていることは会社の管理職とかなり近い。前出のジレット氏はギルドマスターとして、チーム編成やゲーム内の仮想銀行の管理などもしていた。
人気ネトゲのギルド運営で「上場企業に内定」

チャットやメッセージなどオンライン上でのコミュニケーションが得意というのも、仕事をする上では有利になる。ネトゲ上では、顔の見えない相手とゲームの進捗状況の確認や、タスク管理をする必要がある。

このニュースはネットでも話題になり、2ちゃんねるにはギルドマスター経験者から、記事に共感するコメントが寄せられた。

「実際やってみたらわかるけど、あれ(ギルドマスター)はマジで大変。一人ひとりゲームスキルも性格違うし、ボスの特徴とかスケジュール管理とかマジ仕事みたいになる」

他にも、面接で人気ネットゲーム「ラグナロクオンライン」のギルド運営の話をしたところ、「日経225企業から内定でたわ」と明かす人がいたが、本当だろうか。

一方で、「日本でこれ書いて受かるところなんてまずないだろ」といった声も少なくない。WSJの記事にも、面接でゲームの話をすると、仕事をしないで一日中ゲームをするのではないかと疑われるおそれがあると指摘する。あくまで付加要素と考えた方がよいのか。
囲碁や将棋と何が違うのか

ただし「仕事とゲームは無関係」と頭から否定するコメントに対しては、昭和のサラリーマンは管理職になると囲碁や将棋を嗜んだものだ、と反論する人もいる。何でも、これらのゲームを通じて、マネジメントを行うための「大局観」が学べるというのだ。

実際、東大や早稲田、慶應、青学などの有名校では、論理的思考力や判断力などの「就業力」が培われるとして、囲碁の授業が行われていると各紙で報じられていた。

囲碁や将棋がよくて、ネットゲームがダメな理由はないだろう。面白みのない人材ばかりだと悩む企業は、しょせん遊びとバカにするのではなく「ゲームの戦績」を参考にしてみてはどうだろうか。

あわせて読みたい:アイドルヲタは就活に強い!

最新記事は@kigyo_insiderをフォロー/キャリコネ編集部Facebookに「いいね!」をお願いします

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。