体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

かしわ×EINSHTEIN 特別対談──関西の10代ラッパーが語る苦悩と可能性

かしわ×EINSHTEIN 特別対談──関西の10代ラッパーが語る苦悩と可能性

左:かしわさん 右:EINSHTEINさん
高校生ラッパーの日本一を決めるフリースタイルバトルの甲子園「BAZOOKA!!!高校生RAP選手権」。10月4日(土)には、ディファ有明で第6回目の開催が決定し、「ULTIMATE MC BATTLE」2連覇の実績を持つラッパー・R-指定さんが陪審員として初参加するなど、これまで以上にアツい盛り上がりを見せている。

そんな大会から生まれた2人のヒーローがいる。1人は下ネタや相手の意表を突いた抜群の言葉のセンスで相手を攻め立てる大阪府・岸和田市出身のかしわさん。もう1人は、大会史上最年少にして初出場にも関わらず、同選手権第3回チャンピオンのHIYADAMさんを破った、現在高校2年生のEINSHTEINさんだ。

2人はともに同じ関西勢として、優勝こそ逃しているものの、胸をアツくさせるようなバトルを繰り広げ、爆発的な人気を獲得。

今では、音楽レーベル・NEXUS CLOUD MUSICに所属しながら、音源のリリースやイベント出演など、全国各地に引っ張りだこの人気ラッパーの一人となっている。

今回はそんなかしわさんとEINSHTEINさんによる対談を実施。HIPHOPとの出会いや、「高校生RAP選手権」出場のきっかけ、急な人気からの戸惑いなど、10代ラッパーの最前線に立つ彼らの知られざる一面を紐解いていく。

はじまりはバンドとレゲエ

──まずはお二人のHIPHOPとの出会いについて教えて下さい。

かしわ 元々お父さんがケツメイシさんが好きで、よくYouTubeで一緒に見てたんです。それである時、関連動画にタサツという、ケツメイシのRYOさんが参加しているユニットの動画が出てきたんですよ。

それが16歳くらいの高校1年生の時だったんですけど、すごく自由すぎるラップに衝撃を受けて、当時はバンドをやってたんですけど、「こんな音楽もあるんや、これは面白いぞ」って思って、友だちとその場のノリで始めたのがきっかけです(笑)。

EINSHTEIN 僕は中2の終わりか、中3くらいからはじめましたね。HIPHOPというより、レゲエがすごい好きで、最初はレゲエばっかり聴いてました。でも兄がラップやってて、地元の先輩達もHIPHOPやってる人が多かったので、その影響もあって大阪のレゲエ聴いてたら自然とSHINGO☆西成さんに辿り着いて、HIPHOPを知りましたね。

でも大阪ってレゲエやってる人もHIPHOPやってる人もみんな仲間みたいな感じなので、HIPHOPだけというよりは、レゲエも一緒に続けてきたような感覚ですね。

RAP選手権に出場してからHIPHOPの現場でライブするようになった

──お二人はまだ10代後半ですが、実際にステージでライブするようになったのはどのくらいの時期だったんですか?

かしわ 僕は高2の時にライブハウスでライブやったのがはじめてですね。最初からクラブでラッパーの人たちと一緒にライブすればよかったんですけど、なぜかロックバンドしかおらん中で、僕だけHIPHOPクルーとして出させてもらってました。

当然お客さんはロック好きばっかりで、僕らはまだ経験も実力もないから、ロック好きの人たちを振り向かせることもできず、名前もさっぱり売れませんでしたね。それで昨年「第4回 高校生RAP選手権」に出場してからクラブイベントからのオファーがめっちゃくるようになって、HIPHOPイベントにでる機会が一気に増えたんですよ。

クラブやったらライブハウスよりもHIPHOP好きのお客さんも多いし、同じ世界の色んな人とつながりができるし、クラブイベントに出るだけでこんなに違うんやって驚きましたね。

1 2 3 4 5次のページ
KAI-YOU.netの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。