ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本が国際社会から「性奴隷国家」の屈辱を浴びせられた原点

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 現在、日本が国際社会から「性奴隷国家」という屈辱的な批判を浴びせられているのは、朝日新聞が報じた「慰安婦狩り」の生々しい証言が根拠になっている。まず次の文章を読んでいただきたい。

〈韓国・朝鮮人の従軍慰安婦の徴用のやり方は、私たち実行者が10人から15人、山口県から朝鮮半島に出張し、その道(どう)の警察部を中心にして総督府の警察官50人か100人を動員します。そして警察官の護送トラックを5台から10台準備して、計画通りに村を包囲し、突然、若い女性を全部道路に追い出し、包囲します。

 そして従軍慰安婦として使えそうな若い女性を強制的に、というか事実は、皆、木剣を持っていましたから殴る蹴るの暴力によってトラックに詰め込み、村中がパニックになっている中を、1つの村から3人、5人、あるいは10人と連行していきます〉(1991年5月22日付)

 証言したのは吉田清治氏(故人)。第2次大戦末期、軍需工場などの労働者の徴用にあたったと自称する人物で、朝日はこの証言を〈従軍慰安婦 加害者側の証言〉という見出しで報じ、その後も吉田氏について記事化を続けた。

 証言が事実とすれば、間違いなく国家による慰安婦の強制連行は“あった”ことになる。しかし、証言は完全なでっちあげだった。

 吉田証言についてはこれまで複数の研究者が実地検証して事実ではないことを指摘し、吉田氏自身も後に「フィクションだった」と認めたが、火付け役の朝日新聞は20年以上にわたって頬被りを続けてきた。

 それがとうとう8月5日付朝刊で〈慰安婦問題 どう伝えたか〉と題する検証記事を組み、吉田証言について〈虚偽だと判断し、記事を取り消します。当時、虚偽の証言を見抜けませんでした〉と全面撤回したのである。

※週刊ポスト2014年8月29日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
捏造された慰安婦問題拡散のきっかけの1つが朝日新聞大誤報
慰安婦を二度と生み出さぬため証拠に基づく冷静な議論が必要
中韓歴史博物館 日本人自ら過ち認めた証拠に日本の新聞使う

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP