体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

a-nation開幕初日はアジアの音楽シーンを賑わすアーティストたちの豪華競演

a-nation開幕初日はアジアの音楽シーンを賑わすアーティストたちの豪華競演

8月14日より7日間にわたって様々なエンタメ・アイランドが登場するa-nation island powered by inゼリー。連日多彩なデイリーテーマのもとに開催される<live>初日は「Asia Progress ~from a-nation~」で、日本のみならずアジアの音楽シーンを賑わす豪華アーティスト10組が国立代々木競技場第一体育館(paradise stage)に集結した。

初日の幕開けを飾ったのはFUTURE BOYZの2人。暗転した舞台にスケール感たっぷりのオーケストレーションが鳴り響くと、iamSHUMに続いてthisisWAYNEが登場。「Are you ready?」という掛け声を合図に、きらびやかなシンセ音が鳴り響き、「FUTURE PARADE」が始まるといきなり白煙が上がり、会場は近未来のクラブに変身。レーザーが飛び交う中、クールな衣装に身を包んだ2人がサングラスを外し、サビで“PARTY”を連呼していったエレクトロな「Welcome To The Party」、エッジーなビートとラップで踊らせた「TOKYO STYLE」まで、頭から切れ目なしのダンストラックでつないでパフォーマンス。最後は「If There Was No You」でポップネスな自分たちも届け、ステージを後にした。

暗闇の中、3人のシルエットが浮かび上がっただけで黄色い声援が上がったのはa-nation初登場のLead。谷内伸也、古屋敬多、鍵本輝の3人は平均年齢25.3歳。にもかかわらず、デビュー12年目というキャリアを誇る彼らは、これまで築き上げてきたどんなに歌ってもダンスのキレ味は抜群というチームカラーを、まずは「Real Live」で見せつける。「次はタオルを用意して下さい」(谷内伸也)から始まったのが「バージンブルー」。イントロの“オイ”コールの後にこの日は“a-nation”の掛け声まで飛び出し、観客たちのタオルが元気に回る。続いて披露した新曲「思い出ブレイカー」も含め、このような懐メロ歌謡っぽい曲を現代風に歌って踊れるのはLeadの武器。そして最後は「With U」を歌い、この日最高に爽やかな笑顔を観客たちの目に焼きつけた。

続いては、韓国からU-KISSが登場。a-nation出演は今回が3回目。現在JAPANツアー中で、9月には2度目の日本武道館公演も開催する彼ら。まずは新曲「LOVE ON U」をPV映像ともにパフォーマンス。少し大人っぽいU-KISSを見せた後は、パワフルなビートの「FEEL IT」では彼ららしい統率のとれたストイックかつ力強いダンスで観客たちを魅了。「次はU-KISSのロマンティックな曲を」というスヒョンの紹介から始まったのはバラード曲の「Spring Rain」。完璧な日本語の発音、せつない歌詞を心で感じながら丁寧に歌い継ぐこの曲は後半、スヒョンのフェイクでせつなさが頂点へと到達。歌で魅了したあとは「最後はこの曲でひとつになりましょう!」(フン)と「NEVERLAND」で、観客たちも大合唱。会場中をひとつにしていった。

“身長180cm越え”“from JAPAN to ASIA”。そんなアタック映像とともにステージに現れたのは8人組のSOLIDEMO。白シャツ×サスペンダー×パンツというお揃いの衣装で登場した彼らは、全員が見事に日本人離れしたモデル体型。いるだけで絵になる。そんなジェントリーなムードを保ちながら、まずは新曲「Heroine」を涼しげな表情のまま歌う。歌い終わると同時に、長身の彼らが90度腰を曲げてお辞儀をする姿は強烈なインパクト。その後アカペラで「Let It Go」のカバーを即興で歌って美声を響かせ、ラスト曲「ギミギミLOVE」へ。8人の“脇しめダンス”が決まった後は、マイクを外し、生声で「a-nation、ありがとうございました」と挨拶。強烈なインパクトを残した。

続いてステージにやってきたのは、「ニコニコ動画」内の人気カテゴリー「歌ってみた」で人気を誇る歌い手の蛇足、ぽこた、みーちゃん、けったろ、koma’n(こまん)による男性ボーカルユニット・ROOT FIVE。ソロ、グループとしてもアジア各国へと人気を拡大している彼らは、去年に引き続きこのステージに登場。アップテンポの「Tomorrow’s Dream」でまずは勢いよくライヴをスタート。続いて披露した「Change Your World」を含め、5つのキャラクターを持った歌声で曲の場面がスピーディーに切り変わっていくのは彼らの持ち味。ラスト曲の「MAGIC NIGHT」が始まると、場内で激しくペンライトが揺れ、ファンは大喜び。彼らならではの“ノリ”を生み出した。

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy