ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フジ『テラスハウス』打ち切りも2匹目のドジョウ狙うプラン

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 フジテレビが人気番組『テラスハウス』の放送を9月いっぱいで終了すると発表し、波紋を呼んでいる。同番組は、海沿いのテラス付きの豪邸で若い男女6人がシェアハウス生活を送り、恋や仕事に悩む様子をそのまま映し出す「リアリティショー」で、夜11時からの深夜枠ながら7%以上の視聴率を稼いでいた。

 モデルの今井華(21)やグラビアアイドルの筧美和子(20)、俳優の菅谷哲也(21)ら、番組をきっかけに芸能人としてブレイクした出演者も少なくない。

「若者の視聴者が多いことからスポンサー受けもよかった。それにDVDなどの関連グッズの売り上げもよかったため、視聴率低迷にあえぐフジのなかで数少ない“ドル箱”だった。それでも打ち切るのはやはりヤラセ騒動の影響なのか……」(同局関係者)

 ヤラセ問題とは、番組冒頭に「台本は一切ございません」のナレーションを入れておきながら放送作家が台本を書いていたという疑惑が今年5月に持ち上がったこと。また、その直後には制作スタッフによる出演者へのセクハラ・パワハラも報じられた。

 フジ側はいずれも否定したが、局内ではこの件が打ち切りの引き金になったという見方がある。

「それでも視聴率は落ちずスポンサー離れもなかったので営業サイドは継続を望んでいた。ところが6月に行なわれた1000人規模の人事異動で事情が変わった。視聴率ばかりにとらわれず局のイメージを重視するという上層部の方針が優先されたようです」(フジのバラエティ番組スタッフ)

 10月の番組改編では“2匹目のドジョウ”を狙うプランがあるという。

「10月からは、テラスハウスの手法を応用しながら、シチュエーションを変えた“台本ありの恋愛番組”という構想が進んでいます。いったん終わらせてまた次をやればいい、というのが本音です」(同前)

※週刊ポスト2014年8月29日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
フジ亀山千広新社長の大ナタで低視聴率『いいとも』を終了に
過激昼ドラ『幸せの時間』苦情殺到で性描写が質・量とも減少
フジが情報番組司会者一新 社内「今度はうまくいくのでは」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP