ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

千葉経大附部員「いじめ告発」が警察沙汰に 寮で実況見分も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 野球部寮の駐車場に千葉県警のパトカーが停まり、警官が部員の部屋の二段ベッドのあたりを調べている。学校施設内で実況見分が行なわれる異様な事態が起きたのは8月8日のこと。

 千葉経済大学附属高校野球部内での「暴行」と「窃盗」で被害届が出されたからだ。警察に被害届を提出したのは、入部して4か月の1年生部員A君の父・Bさん。

「息子へのいじめが原因です。入学当初は“我慢しなさい”といっていたが、お金を盗まれたり、先輩部員から暴力を受けたりしたので抗議したのです」(Bさん)

 Bさんは2日に千葉県高野連と学校に抗議したが、対応に納得できず千葉県警に被害届を提出。「警察は“自殺に繋がることもある”と重く受け止めてくれた」(Bさん)という。

 千葉経大附は春夏5度の甲子園出場を誇る県屈指の強豪校。2004年にはエース・松本啓二朗(現・横浜DeNA)を擁してダルビッシュ有の東北(宮城)を破りベスト4進出を果たした。

 そんな名門に入学したA君は、リトル時代から県内では有名で新入生ながら一軍(Aチーム)入り。それがいじめの発端になったのではないかとA君はいう。

「最初は先輩も優しかったのですが、5月頃から“Aチームに選ばれて調子に乗ってんだろ”と言われ、キツく当たられ始めました」

 レギュラー争いで1年生に負ければ、先輩は面白いはずがない。多少の風当たりは覚悟していたA君だが、やがて我慢の限界を超えた。

「夏の県予選が終わった(5回戦敗退)7月末、寮で財布からお金が盗まれたんです。実はその前にも現金や野球道具が盗まれたので、警戒して枕の下に隠していたのですが……」(A君)

 しかもその日には、こんな出来事があったという。

「先輩に練習中に水を飲むことを許されず、熱中症で救急搬送されたんです。その日は実家に連れ帰って食事させたのですが、次の日に寮に帰したら、それを知った先輩に『倒れた奴がメシ食ってんのかよ』と詰問されたんです」(Bさん)

 その他にも、同時期に「練習の態度が気に食わなかったという理由で、寮で頭突きを2発食らった」(A君)という。悩んだA君はBさんに相談して退部届と退学届を出し、Bさんは被害を明らかにすると決意した。

※週刊ポスト2014年8月29日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
いじめ告発の千葉経大附野球部員の親「監督に怒りがあった」
千葉雄大 好きなタイプはてきぱきした仕事ができる類の女性
放射性物質検出にともなう水道水の摂取制限期間 全国一覧表

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。