体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「アカメが斬る」プロデューサー絶賛! 「キルラキル」EDも手がけた沢井美空とは

「アカメが斬る」プロデューサー絶賛! 「キルラキル」EDも手がけた沢井美空とは

2013年から2014年にかけて放送されたTVアニメ『キルラキル』1期のEDテーマ「ごめんね、いいコじゃいられない。」で話題を呼び、現在は2014年7月より放送中のTVアニメ『アカメが斬る!』EDテーマ「こんな世界、知りたくなかった。」をつとめるシンガーソングライター・沢井美空さん。

いずれも自身が作詞・作曲を手がけて、アニメの世界観にマッチした楽曲つくりから、じわじわとファンを増やしつつある。

そんな沢井さんへ、『アカメが斬る!』を手がける東宝・吉澤隆プロデューサーから絶賛のコメントも届いている。

「こんな世界、知りたくなかった」という曲は、出だしから情感に溢れていて、聞き手をぞくりとさせながら世界に引き込んでいく強さがあると思います。沢井さんの世界と番組の世界が同化できた事を嬉しく思います。

東宝・吉澤隆アニメプロデューサー

タイアップとして楽曲制作を進める際、制作サイドからアニメの世界観などを聞き、それを歌詞やメロディという形で音楽におとしこんでいくものだが、沢井さんが立て続けにアニメタイアップを実現させているのは、その手腕が高く評価されているからに他ならない。

80年代パロディをふんだんに盛り込んだ『キルラキル』の昭和感や、生き地獄に抵抗する殺し屋家業を描いた『アカメが斬る!』の陰惨さをも見事に表現した楽曲には、アニメファンからの注目も集まり始めている。

女子高生でデビューしたシンガーソングライター

2009年、沢井さんはSONY MUSICのオーディションに、録音した音源と弾き語りの様子を録った映像を応募したところ、スタッフの目に留まり、急きょオーディションに呼ばれる。

オーディション会場で自身が作曲した4曲を披露すると、彼女のあまりの独創性にスタッフはその場で契約を決断したという。当時は地元・大阪の高校に通っていたが、その後単身上京し、高校に通いながら作詞・作曲活動を続ける。

そして2011年5月、現役女子高生として「あたし、今日、失恋しました。」でメジャーデビューを果たす。

直接胸に訴えてくる詩、メロディ、耳に残る甘いハスキーボイスが高い評価を受け、2011年11月にリリースされた「なきむし。」は、TVアニメ『君と僕。』EDテーマに起用され、初のアニメタイアップを果たす。

さらに2012年11月にリリースされた「指輪~あたし、今日、結婚します。~Wedding ver.」のMVは、現在YouTubeにて再生回数250万回を突破している。

1 2 3次のページ
KAI-YOU.netの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy