ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

長寿村と短命村は何が違ったか 990か所を訪問調査した結果

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 夏バテが気になる時期、健康にまつわる名著を紹介しよう。

「寿命」という視点で日本全国の食習慣を調査した結果をまとめた『日本の長寿村・短命村』(サンロード出版)。1972年初版のこの本は東北大学名誉教授(衛生学)であった近藤正二博士(1893-1977)が36年の歳月をかけて日本全国の990の村を訪問調査した結果をまとめたものだ。

 十数版重ねるロングセラーとなった初版が絶版になり、現在は「新版」として生まれ変わっているこの本は、長寿も短命もすべて食生活が左右することを指摘した名作だ。

 同書の中には、近隣でありながら「風習」や「歴史上の経緯」で長寿村・短命村の明暗がわかれた例も掲載されている。現代人にも通じると思われる“鉄則”が見てとれる。

 現・三重県南伊勢町にある平家の落人が拓いたとされる村と、既存集落の例がそれだ。地名に「竃(かま)」のつく集落が落人村で、「浦」がつくのが土着の漁村の村だ。

「竃(かま)」のつく集落は奥まった入り江の後方に山が迫る場所に点在。これは昔、平氏の子孫が製塩業で生計をたてていたためで、塩を焼くのに必要な薪を得るためだとされる。

 流れてきた平家の落人たちが定住するにあたり、「浦」のつく漁村民たちに「魚は獲らないから」との約束で住み着いたため、「竃」で漁業に従事する者はいなかった。

 そのため、魚と米しか食べない漁民村に比べて、「竃」の住民は畑を作り青野菜を育て、海藻を食べる。魚とそれを売って買ってくる米ばかり食べる「浦」の住民と比べて倍以上長寿者が多かったという。

 歴史的経緯で長寿になった村はほかにもある。

 沖縄の中でも竹富島が特に長寿だと近藤教授は述べているが、その陰には同島に大豆を持ち込んで昭和初期に表彰された人物がいたからだったからだという。大豆を摂り、野草や海藻を多食するこの島の寿命は沖縄でも随一だった。

 ほとんど動物性蛋白を摂らず、植物性蛋白だけで長生きしている村も岩手県にあった。今は岩泉町に合併された海抜400メートルの高地にある村で、山の魚と呼んで豆腐を多食。本物の魚は年に数回しか摂らず、主食はヒエで、大根葉を生野菜のように食べていた。

 逆になぜか言い伝えで短命になっているところも。宮崎奥地にある西米良村は山奥の平家の落人部落で、同じく落人村の周囲の村よりも短命。この村だけが昔から「カボチャを絶対に植えてはいけない。その家の身上がつぶれる」という伝承のせいでカロチンやビタミンCをはじめビタミン類を豊富に含むカボチャを摂らないことで短命になっているとの見方もあった。

 この本の編集を担当し近藤博士の研究所に日参したほか、実地調査にも同行した経験を持つサンロード出版の萩原弘道氏は、こう述懐する。

「近藤先生は晩年までリュックを担いで自分の足で調査していました。全国津々浦々の990か町村で調査を行なって導き出された『緑黄野菜や海草、大豆そして小魚が長寿に寄与する』という近藤先生の研究は、現代でも立派に通用します」

 もちろん交通が密になり、情報が均一化された現代では、極端な寿命の偏差は少なくなっているだろうが、健康で長生きしたいという人々にとって指針になる調査といえるのではないか。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「少年時に陽気で面白い人は平均的に短命」の衝撃データ登場
長寿県の長野 昆虫を食べる習慣があるから長生きとの説も
「白米・果物の大食」短命の元と42年前に警告した本があった

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP