ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

水着で街歩き、マナーのプロはどう見る?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

水着で街歩きは、間違いなくマナー違反。治安の悪化も

今、神戸・須磨の商店街を水着で歩く男女が増えています。駅やコンビ二で着替える。濡れた水着のまま飲食店に入り食事をする。砂だらけでタクシーに乗り込む。このような光景が、あちらこちらで見られるそうで、商店でも札を立てたり、トイレに鍵をかけたりと対策をしていますが、効果はあまり出ていないようです。

「他人に不愉快を与えない」というのがマナーの基本的ルール。よって、水着で街歩きは、間違いなくマナー違反ということになります。また、よく心理学でもいわれていることですが、大きな犯罪が起こる場所の最初のきっかけは、「一台の窓の割れた車の放置」だと言います。例えば、駅やコンビ二での水着の着替え。「1回だけなら」「言っても聞かないし」といった消極的な気持ちが、地域や街の治安さえも悪くしてしまう可能性あります。もしかしたら、濡れた床で老人が滑って怪我をする、などの事故も起きるかもしれません。

水着での食事は、風紀を悪くすると共に、「椅子や備品を汚す」「それを嫌う客が離れる」など、店に与えるダメージも甚大。また、タクシーに砂だらけで乗る行為で、運転手は車の掃除を余議なくされ、その間、次の客を乗せることができません。さらに、汚れた車に怒って、料金を払わない客が出る可能性だってあるのです。

それでは、これらを改善する良い方法はあるのでしょうか?

良いことと悪いことの判断が曖昧なときにマナー違反は起きる

「一貫したルールを作り 街を上げて徹底する」。これに尽きると思います。「あそこでは良かったけど、ここではだめ」では利用者も迷ってしまいます。新しいルールを決めたなら、とにかく全員で守り通すことが大切です。商店街組合の会合などを多く開催し、「全員が同じ内容を把握、確認できているか?」「実施後に変化はあったか?」などをチェックします。浸透させるためのチラシや看板を作ったり、告知をアナウンスで流すなどの仕組み作りも有効でしょう。

良いことと悪いことの判断が曖昧なときにマナー違反(ルール違反)は起こります。商店街が譲れない主張を込めたルールをはっきりと指し示し、「なぜ、悪いのか?」「なぜ、そうするのか?」を聞かれたときに、誰もが同じ言葉で答えられるようにすることで、ルールは重さを増し、効力を発揮していきます。

水着で歩く若者にも、そんなに悪気があるわけではないでしょう。ルールをはっきりと指し示すことで、互いに歩み寄れる接点が見つかるかもしれません。

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
JIJICOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP