ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

震災後半年で復興した石巻の製紙工場の感動ノンフィクション

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書評】『紙つなげ! 彼らが本の紙を造っている 再生・日本製紙石巻工場』/佐々涼子/早川書房/1620円

【評者】末國善己(文芸評論家)

 かなりの本好きでも、冲方丁『天地明察』や百田尚樹『永遠の0』、尾田栄一郎の漫画『ONE PIECE』などで使われている紙が、日本製紙石巻工場で作られていることまでは知らないのではないだろうか。

 2011年3月11日。日本の出版を支えていた石巻工場を、東日本大震災の津波が襲う。紙を製造する抄紙機はすべて泥と瓦礫に埋まり、完全に機能を停止してしまった。

 震災のショックが残る3月下旬、工場長の倉田は、半年でまず1台の抄紙機を動かすという復興プランを示す。食料の入手も難しく、電気や水道も復旧していないなかで、手作業で泥をかき出し、巨大な瓦礫を取り除く。工場内から遺体が発見されるなど過酷な作業は困難を極め、本社と現場の対立までも発生する。

 それでも現場の従業員は、「味のある紙を造り出せる」8号抄紙機を再稼働させるため、体を動かし知恵を絞る。

 工場再生の背後にあったのは、自分たちも被災者でありながら、震災を生き延びた人間に何ができるのかを問い、本を待ち望んでいる人に早く紙を届けたいと考える従業員たちの強い使命感だ。同社の各部署はもちろん、危機を救ってくれたライバル会社、工場再生を信じてくれた出版社などの思いがリレーのようにつながり、8号機を再生させていくプロセスには、深い感動がある。

 工場の復興と並行して、出版社による文庫本の紙質の違いや、大量生産でありながら職人技が生かされている日本の製紙事情なども綴られている。電子書籍が普及する今だからこそ、紙の本の良さを再認識したい。

※女性セブン2014年8月21日・28日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
壊滅的な打撃受けた日本製紙石巻工場の再生への道程描いた本
被災地製紙工場 パズル誌読者から“普段の紙と違う”の指摘
被災地「石巻2.0」プロジェクト 復興民泊や復興バーも常設

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP