ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

忌野清志郎に身近で接したマネージャーが忌野の逸話を綴った本

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書籍紹介】『あの頃、忌野清志郎と』片岡たまき/宝島社/1400円+税

 10代で忌野清志郎に魅了され、ついにはマネージャーになった著者。生の清志郎は過激で派手なステージ上とは正反対の、寡黙で気配りを欠かさない人物だった。

〈外出先から家に帰ると、深紅のバラの花束が届いていた。なんと、差出人は、「忌野清志郎」〉と、25歳の誕生日にはプレゼントも贈られた。テレビでゲリラ的に放送禁止歌を歌った事件や、RCサクセションの解散についても、身近に接した著者ならではの視点で綴られている。

※週刊ポスト2014年8月15・22日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
10月に亡くなった天野祐吉氏が残したメッセージを収録した本
菅直人政権時代の内閣参与が311や尖閣漁船等を振り返った本
エヴァンゲリオンの漫画版 インパクト大な父が登場する名作

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP