ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

山田五郎 芸術家の「ヘンタイ」部に光を当てるイベント人気

DATE:
  • ガジェット通信を≫

8月4日、美術評論家の山田五郎氏率いるプロジェクトが手がけるトークイベント「ヘンタイ美術館」(エキサイト・イズム主催)第2回が開催された。同プロジェクトは、“西洋美術の大家だと思われている天才たちも、実はかなり「どうかしちゃってる」ひとばかり”ということに目をつけ、手が届かないと思われがちな芸術家たちの人間くさい魅力にスポットをあてたもの。“館長”は山田五郎氏が務め、“学芸員見習い”であるコピーライターのこやま淳子氏を相手に、西洋美術の“ヘンタイな見方”を伝授する。

五郎館長 ならではの軽快なトークにより、彼らがどうして傑作を残せたのか、そしてどうしてそれが傑作なのかを学ぶことができるとあって、4月に行った第1回「ルネサンス三大巨匠、ダ・ヴィンチ・ミケランジェロ・ラファエロ。いちばんのヘンタイは誰だ!?」は大盛況。好評を受けての第2回のテーマは「やりすぎバロック;カラヴァッジョ・ルーベンス・レンブラント」だった。

 * * *

確かに常人には考えつかないことをやったり、絵や形にできたりするのが芸術家と思えば、「ヘン」であることには納得がいく。だが、どう「ヘン」だったのか。

例えばカラヴァッジョ。五郎館長は、まず「お札になるぐらい有名」「本国イタリアでは、レオナルド・ダ・ヴィンチの次ぐらいに偉い」と、実にわかりやすく聴衆を誘導。しかし、続けて「ミラノで役人と喧嘩して、傷害罪になっちゃった」と、かなり“暴れん坊”だったことを明かす。絵については、「果物を描くのが上手い人っていうことで売りだす」として『果物かごを抱く少年』を紹介したかと思えば、『蛇の聖母』に描かれている老婆について、

「(聖母を)これまでそんなにおばあさんっぽく描く人はいなかったのに、リアルおばあちゃんに描いちゃった」

など、“リアル性”が特徴で、常識を覆した画家であることを解説する。

そして、『ホロフェルネスの首を斬るユディト』では、こやま氏が「なんでこんな(人の首を切るような)瞬間を…(描いちゃったんでしょうね)」と理解不能な表情を見せると、五郎館長が「劇的瞬間を切り取り、明暗をもって描くことが多いのが、バロックの特徴」と説明。

その上で五郎館長は、カラヴァッジョの出世作で、マタイが改宗してイエスに従っていくという聖書の場面を描いた『聖マタイの召命』を紹介し、そうした「劇的瞬間」と「明暗性」を、光と影の対比として強く描くことによって代表作を完成させたのだとまとめた。巧みな話術により、カラヴァッジョがリアル性を追求しつつ、光と影を描いてきた画家という流れがわかりやすい。

ルーベンスの傑作『聖フランシスコ・ザビエルの奇蹟』での2人のやり取りはこうだ。

五郎館長「これは、わけのわかんない神様を拝んでいる人を、(ザビエルが)改心させているところ。…この人の頭みて、ちょんまげなの」

こやま「えっ!? (ここに描かれている人って)日本人なの?」

五郎館長「このモヒカンみたいなのが、ルーベンスの考えたちょんまげなの。日本人なの」

こやま「バカにされている感じ…」

五郎館長「バカにしているんじゃないの、知らなかったの。日本人頭になんか載ってるな、みたいな」

こやま「(そういえば)五郎さんに似ているような…」

“学芸員見習い”であるこやま氏の天然っぷりが良い合いの手となり、会場は爆笑の渦。

『鏡の前のヴィーナス』という絵では、

こやま「だいぶぷくぷくしている…」

五郎館長「太っている人を描いているんじゃない。ヴィーナスを描いているの! セルライトもあるけどね。痩せている人がいいとされるのは、ここ100年くらいです。

ただ、ふくよかな女性のほうが良かったのは間違いないんですけども、なかでもルーベンスは同時代の画家のなかでも頭抜けて“ぽちゃ好き”」

と、ふくよかな女性が美とされた時代の話から、まさかのルーベンスの嗜好の話に。五郎館長によると、なんでも、ルーベンスは同時代の画家のなかでも頭抜けて“ぽっちゃり好き”で、彼以降、オランダではぽっちゃり好きな人のことを「ルベネスク」、そしてぽっちゃり美人のことを「ルーベネシアン」と言ったのだとか。話は横道にそれつつも、「褒め言葉だが、使い方によってはディスり気味にもなります」(五郎館長)と、使用法も忘れない。

そんなルーベンスの再婚相手は16歳。妻が20歳のときに描いた絵『エレーヌ・フールマン』の五郎館長の解説は、ズバリ「ぽちゃロリ」だ。なんと、裸に毛皮! 

前妻との間に3人、そして53歳から5人の子をもち、最後の子供が生まれたのが61歳の時。そしてルーベンスは、翌年死んだということなど、芸術家の性癖や生き方に光を当て、絵とからめながら解説するテクニックは、さすが山田五郎節だ。

レンブラントは、「自画像をいっぱい描いたことで有名な人」(五郎館長)。

レンブラントの出身地であるオランダは、「絶対専制君主もいなければカトリック教会もないため、市民が絵のスポンサー」。そのため、オランダの画家はあまり大きくない市民の家でも飾れるような、宗教画ではない肖像画や寓意画がテーマなのだという。そのなかで、レンブラントは「集団肖像画」により名声を確立した画家だ。

代表作『夜警』については、

「日本では、『火の用心~』って言って回る人みたいな人たちの肖像画なんだけど、この辺の人とか顔見えないわけよ。(本来なら集団肖像画では、人物が同じ大きさで描かれるものなのに)批判を押し切れるぐらい(の勢いがあった)」

とするほか、

「妻をフローラっていって、花のコスプレをさせて描いた」

「貧乏になってから、もうモデルも雇えないから自画像ばっか描く」

など、なんとも取っ付き易い言葉でレンブラントの生き様を解説。

五郎館長の手にかかれば、カラヴァッジョは「暴れすぎ」、ルーベンスは「稼ぎすぎ」「ぽちゃ好き過ぎ」「子供産みすぎ」、レンブラントは「調子こきすぎ」……。

こやま氏は、イベントを振り返って

「今回のバロックは、犯罪者まで出てきて、ある意味、前回よりヘンタイ度が増していましたね~。美術しろうとの私も楽しく学べて、リアルに勉強になりました(笑)」

と話す。

なお、盛り上がりすぎて駆け足になってしまった分は、五郎館長がFacebook「ヘンタイ美術館」上で補講している。美術の歴史は「ヘンタイの歴史」とし、「ヘンタイ」という視点で西洋美術をキュレーションする同プロジェクトの今後の活動が楽しみだ。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「山本周五郎は強烈な学歴コンプレックスの持ち主」と研究者
筋金入りの城マニア・坂東三津五郎が城の見どころを語った書
市川海老蔵家近く 市川染五郎の自宅土地代1億円以上と業者

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。