ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

肉のプロがたどり着いた究極の黒毛和牛を扱う老舗精肉直営店

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ダイエットの敵などと、女子たちに敬遠されがちだった牛肉。ところが最近では、ヘルシーで旨みが凝縮された赤身の人気や、熟成技術の向上、さらには女子会の増加で、空前の牛肉ブームだという。この猛暑を乗り切るために、おいしくてボリューム満点の“極上のステーキ”を召し上がれ。ここでは東京・銀座の「加藤牛肉店」を紹介しよう。

 同店は、横浜で80年以上の歴史を持つ、老舗精肉店の直営店。全国の牛を知るこの道40年のオーナー・加藤敦さんがこだわり抜いた末に出合ったのが、山形牛のメス牛。きめ細かな肉質で香りがよく、さっぱりとした後味が特徴だ。

 ステーキは、濃い肉の旨みが楽しめるサーロインと、ヒレの中でも最も柔らかいシャトーブリアン。たっぷりと溶かしたダボ脂(乳房の脂)に肉を入れ、揚げるように焼く。一口食べれば、思わず笑みがこぼれるおいしさ。

 芸能界一のグルメとしても知られる寺門ジモンはこう語る。

「外はカリッと香ばしく、噛めば肉汁がジュワーっとあふれる肉汁爆弾! 加藤牛肉店は生産者にもこだわる店。食べれば手塩にかけて育てられた牛だっていうのがわかるよ」

【加藤牛肉店】

住所:東京都中央区銀座6-4-15 トニービル1F

営業時間:18~24時

定休日:日曜

※要予約

※女性セブン2014年8月21日・28日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
吉野家 牛丼100円値下げで売上高11.1%増・値下げ無期限継続
希少部位のはずの「牛タン」「ハラミ」 なぜたくさんあるか
牛肉生食規制の穴を突く「レアステーキ ユッケ味」が登場

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。