ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シャープ、米Sprintにソフトバンクと共通仕様のAQUOSスマートフォンを投入へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソフトバンクが日本国内と同社傘下の米 Sprint 社を通じて、日本と米国で共通仕様のスマートフォン今月中にも発表すると日経が報じました。詳細は伝えられていませんが、AQUOS ブランドを採用したものになるそうです。ソフトバンクは 8 月 18 日に新商品発表イベントを予定していますが、その時に発表されるものと予想されます。シャープは海外でもスマートフォンを販売していましたが、どれも国内向けとは仕様やブランドが別で、共通したものが投入されるのは今回初になります。話題のシャープ製スマートフォンの詳細は不明ですが、FCC には仕様の似た「APYHRO00210(305SH)」と「APYHRO00204」が認証を取得しています。前者はソフトバンク向けで後者が Sprint 向けになるとみられます。ようやく、ソフトバンクが Sprint を買収する際にそのメリットとして挙げていた端末調達コスト削減の効果を実際に目にするようになりましたね。Source : 日本経済新聞


(juggly.cn)記事関連リンク
デサント、2Lのハイドレーションも収納できるinov-8のトレイルランニング専用ベスト型バックパック「レースウルトラ パック」を国内発売
Android版Google検索の最新バージョンにデスクトップPCからAndroidの通知パネルにテキストデータを送信する新機能がひそかに実装される
北欧デザイン、音質やAV機能にもこだわりを持つAndroidスマートフォン「Lumigon T2 HD」がデンマークで販売開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP