ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【大分「珍」グルメ】 ほぼ県内限定 ご当地絶品メニュー「とり天」を味わう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

パッと見、鶏の唐揚げのようだが、よく見ると衣が天ぷら。これぞ、大分・別府が誇るご当地グルメ「とり天」だ。JR別府駅を出ると、いたるところで「とり天定食」なるメニューを見かける。このとり天とはいったいどんな味なのだろうか。
大分県のとあるレストランで、とり天を注文した。できたてのとり天、たしかに鶏肉が衣に包まれている。そして一口食べると、サクサク感が唐揚げとはまた違うおいしさで、これはハマる。お酒のつまみにはもちろん、主食だってイケそうなレベル。いまだ全国区になっていないのが不思議なくらいである。
このとり天、ルーツを探ってみた。とり天公認ホームページによると、“発祥は昭和のはじめ、別府市の東洋軒というレストランです。”とのことで、中華料理店がとり天、豚天、牛天・・・といった略語からどうも派生したようだ。
とり天は、別府エリアだけでもさまざまな種類が存在する。中華系、和風、西洋系、さらにオリジナリティ満載のとり天まであり、カラシやカボス、店特製のタレをつけるなど、味も食べ方もさまざま。機会があればぜひともとり天の食べ比べをしてみたいところ。
なお、知人の大分出身者に聞くと、「とり天のメニューを見ると、地元に帰ってきたことを実感する」という。それほど、大分ではメジャーでも、いったん県外に出るとマイナーになってしまうこのとり天。自分でも作れそうだが、郷土の味にはなかなかかなわない。
別府とり天公認ページ
http://www.bepputoriten.com/
(Written by AS)

【Nicheee!編集部のイチオシ】
日本一星空がキレイに見える場所で作られた泡盛「月虹」
【奈良「珍」スポット】 ほぼリアルに「インド仏教寺院」が体感できる寺
【大分「珍」グルメ】 おいしい海藻「くろめ」入りのうどん・そば ソフトまである

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。