ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「悪い男」の笑顔って、どうしてあんなに魅力的なんだろう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

爆発的にヒットした少女漫画でありながら、これまで一度も映画化されなかった『ホットロード』が、ついに映画化!
一足先に見てきたのですが、とくにステキだったのが、主演の能年玲奈さん。天真爛漫な『あまちゃん』とはまったく違う、無口でキリッとした14歳を見事に演じていました。
この物語は、幼いころに父親を亡くした14歳の宮市和希(能年玲奈)が、母親への反抗と孤独を抱えながら、不良少年の春山洋志(登坂広臣)に出会い恋をするストーリー。

悪い男に惹かれる気持ち…わかります!

「悪いんだろうなあ…」と思いながら、そんな男性がふと見せる笑顔や優しさにクラッとしてしまう経験、あなたにもあるのではないでしょうか。
映画に登場する春山は、まさにこの女子の恋心をかっさらっていく、ちょっといい部分もある悪い奴。和希ももちろん、戸惑いながらもそんな春山に心惹かれていきます。
そして春山の、ワルに憧れる気持ち、自暴自棄になって取り返しのつかないことをしてしまう、行き場のなさ。思春期を経験した大人にも、若いころの不安定さがせつなく蘇り、胸がギュッと締め付けられます。
あの頃はどう表現していいのかわかりませんでしたが、途中、「彼らにとって一番こわいのは、とめられない自分」というセリフが出てきて、すごく納得しました。

もう一度、恋がしたくなる映画

暴走族の喧騒とは対照的な、ほほえましいふたりの恋にも注目。ただラブラブなだけではなく、春山が和希を心配しつつも突き放し、自立した人間になれと教えるような雰囲気が、これまた、いいんですっ…!
春山の服をぶかぶかに着る和希の感じや、1皿のやきそばを分けながらふざけ合うふたりのシーンは、観ているこちら側までキュンキュンしてしまいました。

すれちがいから成長していく母娘

恋人に頼って生きる母親と二人だけで暮らす和希。万引きをしても迎えにも来ないし、何も言ってくれない母親に「愛されていないんじゃないか」と不安と寂しさを抱える日々を送ります。
すれちがいを繰り返しながら、和希とママ(木村佳乃)の関係がどのように変化していくのかが気になるストーリー展開は、家族関係に悩む人の心にもきっと響くのではないでしょうか。「こんなママいやだな」と思う木村佳乃さんのママぶりにも注目!

ホットロード
公開:8月16日(土)ロードショー
監督:三木孝浩 脚本:吉田智子 出演:能年玲奈、登坂広臣、木村佳乃、小澤征悦 原作:紡木たく


(グリッティ)記事関連リンク
夏の終わりに出会った♡ 大人の甘さを教えてくれた彼
料理好きをアピールする人は女好き? クッキングスクールに通う男性心理
涼しくて、ちょっと暗くて幻想的。ここで彼と急接近!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP