ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

犬の暑さ対策 保冷剤はキャリーバッグの上に乗せよと専門家

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 冷夏と予想されても今年の夏も暑い日が続いている。エアコンなしに過ごすのは人にとってもイヌにとっても過酷だ。Can! Do! Pet Dog Schoolで科学的な理論に基づく犬のしつけを指導する西川文二氏が、ペットにおすすめの暑さ対策について解説する。

 * * *

 温暖化って奴ですかね、いくら夏っつ~ても、昔はこんなに暑くなかった。エアコンなんてなかったけど、なんとか過ごせてた。

 当然の如くこの季節よく質問されるのは、暑さ対策。それも私めのスクール、車での移動やお留守番などは、事故や地震などの万が一に備えてクレート(小型犬ならプラスチック製のキャリーバッグ)に入れることを日頃お奨めしてる。だからなおさら。

 エアコンによる室温調節を怠らないことはもちろんだけど、震災以降は、停電もなきにしもあらずってんで、エアコンに頼りきらない方法、ってぇのも求められる。

 身近にあって、使い勝手がいいのは保冷剤。クレートの屋根に乗せる。電気冷蔵庫が普及してない時代の、氷を使った冷蔵庫の庫内。ま、それと同じような原理、クレート内の温度は下がる。

 保冷剤を、クレートの中に入れるのはNG。アレ中味が微妙。口にしても中毒の心配はないけど、下痢嘔吐はありえるらしい。

 クレートの中に入れるなら、以下がお奨め。コングっちゅうゴム製のおもちゃの、ちっちゃい方の穴をチーズかなんかで蓋をして、中に水をためる。で、全体を凍らせる。水分補給にも役立つし、退屈しのぎにもなる。ふやかしたフードを詰めて、凍らせるのもいい。

 保冷剤を使う方法はクレートの内側に結露ができる、コングを使う方法もクレート内が濡れる、なんてな「玉にキズ」的一面はありますけどね。まぁそれぐらいは、大目にみるってことで。

 エアコンなんか普及してなかった私めが幼少のみぎりは、庭で一番涼しい場所は犬に聞け、家の中では猫に聞け、っていわれたもん。

 奴らが好んで寝てるとこには、いい風がす~っと通ってた。当時夏の定番といえば、打ち水、うちわ、蚊帳に風鈴……いやぁ、そんな時代が懐かしくもありますわな。

※週刊ポスト2014年8月15・22日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
黙殺された野村総研の“TV消せばエアコンの1.7倍節電”報告
6月末の猛暑で13%の主婦が「エアコン28度以上」を断念
エアコン・冷蔵庫は焦って買わずに1月まで待ったほうがいい

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP