ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

人気声優・玄田哲章、『トランスフォーマー』オプティマス役を自ら大絶賛!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

夏映画と言えばマイケル・ベイ! ベイ大帝と言えばトランスフォーマーだね! ということで、シリーズ最新作『トランスフォーマー/ロストエイジ』が大ヒット中よ! その司令官オプティマスプライムと言えば、声優界のレジェンド玄田哲章! 直接インタビューする機会を得た我々は、ここぞとばかりにオプティマスの魅力について尋ねまくった!

ストーリーはともかく、今回のオプティマスプライムも相変わらずカッコいい! 実はデザイン変更でフォルムも変わっていて、見た目的にもスマートになった。「カッコいいよねえ(笑)。すごく精悍な印象で、前以上にカッコいい」とレジェンドも大満足! しかも、オプティマスの自己犠牲の精神も健在だ! もう惚れるしかないねえの!

「今回はもう終わりだろうというところまでやられちゃって、粉々になっても生きていて。今回は絶体絶命で仲間も少ない、そこからドラマが始まるけれど、意思が相変わらず強くていいよねえ。地球人に協力して裏切られたのに、どこかで地球を愛している。カッコいいですよね!」。

インタビュー中、目を閉じれば、まるで目の前でオプティマスが話しているような錯覚にも! それだけ玄田哲章=司令官オプティマスプライムというブランドが確立しているわけだが、カリスマ性があるヤツを演じることは、いやはやカンタンではないという。「今回は自分の仲間が殺されたりしてしまうので、感情的ですね。その悔しい想いを感情露わに演じなければいけない場面もあるので、難しかったです。仲間がやられて、やりすぎると悪役になってしまうのですね。いきすぎだって、ちょっと止められたりもしました(笑)」。

ちなみに今作では恐竜がトランスフォームしちゃうという、受け止めきれないゴイスーな展開が待っているものの、「いやあ、ありでしょうねえ(笑)」とレジェンドは好意的!

「それだって想像すれば面白いこと。収録中は観ていないので敵か味方かわからないけれど、トランスフォーマーっぽい要素だと僕は思います(笑)」という『トランスフォーマー/ロストエイジ』! 上映時間2時間45分? まさにトランスフォーマーにとらわれて夏。

映画『トランスフォーマー/ロストエイジ』は、全国大ヒット上映中! 3D/2D、IMAX3D同時公開にて全国ロードショー!

【参照リンク】

・『トランスフォーマー/ロストエイジ』公式サイト

http://www.tf-movie.jp/ 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP