ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

キム・ギドクの超問題作『メビウス』予告編で明かされる衝撃の快楽とは!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

キム・ギドク監督最新作にして超問題作『メビウス』は、その過激な性描写から本国でも上映制限が敷かれ、ここ日本でも審議の紆余曲折を経てギリギリのR18で公開が許された映画史上最も壮絶なヒューマンドラマになっている。そして全編にわたりセリフがなく、「笑う」、「泣く」、「叫ぶ」の感情表現だけで構成されることが話題となっている。このほど、本作の予告編が解禁となった。

冒頭から息子の性器を切断する母。いきなりで愕然とするが、そこから負のスパイラルは止まらない。不貞の父、嫉妬に憑かれた母、そして切り取られた息子。それぞれの欲望が交錯する中、性器をなくした息子は快楽に達する衝撃の方法を見いだす。それは自分の皮膚を石でひたすら擦り続けるというものだ。痛い!痛すぎる!すでに男にとって痛いシチュエーションなのにそこに加わる擦過傷!しかし、痛みが極限に達したとき、快楽へと変わっていき、息子の苦悶の表情は、いつしか恍惚の表情へと変わっていく。痛みと快楽は、タイトル”メビウス”が指し示している表裏一体のひとつなのであろう。

なお、この息子役のソ・ヨンジュは撮影当時15歳ということで超難役に挑んでいる末恐ろしい才能なのだ。

キム・ギドク監督の言葉がこう締めくくる。

「家族は、まるでメビウスの輪のように一つに繋がれている。だからこそ羨み、忌み嫌い、そして愛するのである。」

【動画】http://youtu.be/gCAFBy1KnuM

果たして、この家族のたどる運命とは一体どのようなものなのか。痛いけど観たい、否が応でも気になってしまう作品には違いない。

映画『メビウス』は12月6日(土)より新宿シネマカリテほか全国公開

(C)2013 KIM Ki-duk Film. All Rights Reserved.

【参照リンク】

・『メビウス』公式サイト

http://moebius-movie.jp/ 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP