ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ITスーパースター列伝】ジョナサン・アイブ ~新しいことが正しいとは限らない~

DATE:
  • ガジェット通信を≫


iPhone、iPod、MacBook、iMacなど、アップルの主要製品のデザインを手掛けるデザイナー、ジョナサン・アイブ。デジタルデバイスにおけるデザインに革命を起こした彼は、デザインにおいては「新しい」ことより、「より良い」ことが重要だと語る。その意図とは?

アイブは、数少ないスティーブ・ジョブズの復帰以前からのアップル在籍者だ。

業績不振によりアップルを追い出されたジョブズは、自身の会社「NeXT」を設立。1996年にアップルへ復帰すると、役職者の大半をNeXT出身者で占めた。しかし、アイブはクビにならなかっただけでなく、”ジョブズの右腕”と称されるほど重宝された。彼のデザインセンスは、アップルには欠かせないものだったのである。

例えば、初代iMac。1998年に発表された同製品は、キャンディのようにカラフルな色彩が特徴的で、従来のパソコンのイメージにつきまとっていた「賢そうだけど、重たそう」という印象を払拭した。実際、パソコンをユーザーにとって身近な存在にするために、アイブたちのチームは「ドロップキャンディ」から着想を得たという。

21世紀に入ると、アイブのデザインは「ミニマリズム」に傾くようになる。特にiPodの成功がその流れを後押ししたといわれ、光沢のあるアルミニウムを採用したMacBook、そしてタッチパネルを全面的に使ったiPhoneやiPadが生み出された。

アイブのデザイナーとしての業績は、よく、このミニマリズムに対する称賛というかたちで表される。類まれなるセンスにより、デジタルデバイスを芸術品にまで高めた、というわけである。

しかし、アイブ自身はミニマリズムに至った経緯を、英テレグラフ紙に次のように語っている。

「私たちの製品はツールであって、それを邪魔するデザインはしたくない。シンプルさと分かりやすさをもたらしたいのです。製品を機能させることに集中しています。(中略)デザインは、非常に意味のあることであり、同時に全く意味のないことでもあります。私たちがデザインに特化して語ることはありません」

また、アイブは別のインタビューで、デザインの目的を、「新しいもの」を作ることではなく、「より良いもの」を作るためだと述べている。

「デザイナーとして私たちがやろうとしてきたことは、新しいものや違ったものを作ろうというのではなく、ただ『より良く』しようということです。ゴールは『より良く』であり、『新しい』でも『違う』でもないのです。これこそ私たちのデザイン哲学の最も大事な点であり、長所だと考えています」(『Casa BRUTUS』2012年3月号「Appleは何をデザインしたのか!?」より)

アップルの製品は、人々のライフスタイルをテクノロジーで「より良く」することを目的とし、アイブはデザインにおいてそれを表現した。つまり、ミニマリズムは単純に美的な要請から導き出されただけではなく、アップルが目指す理念を具現化したものだったのだ。デザインと機能、そして企業理念が密接に結びついたものだったからこそ、アップル製品は唯一無二の存在になったのである。

ジョブズ亡き後、アイブが想像する「より良い」未来とは何なのだろう。そのプラン次第では、ミニマリズムすらも過去のものとする、全く新しいデザインが登場するかもしれない。

参考情報(外部サイト)

Jony Ive: The Genius Behind Apple’s Greatest Products

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP