ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

懸賞当選総額1500万円超え女性 スポーツ新聞が狙い目と語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 中学生時代から懸賞マニアだったという会社員の斉藤聡子さん(55才・仮名)は40年以上の懸賞歴から、当選総額は1500万円を超える。

「当たりやすい懸賞企画をねらっています。私がいつも応募しているのは、スポーツ新聞に載っている懸賞です。購買層の中心が男性で女性向けの媒体に比べて応募する人が少ないようで、商品が豪華で当たりやすいんです」(斉藤さん・以下同)

 ライバルが少なければそれだけ当選確率も上がるという。

「訪れる人が少ない地域や店で行われている懸賞は当たりやすい傾向にあります。スーパーなら、大型よりも地元にある規模の小さいところのほうがおすすめです。

 情報は懸賞で当たった旅行や懸賞イベントなどで知り合った『懸賞仲間』から入手しています。地方の人もいるので、たまにその土地でしか手に入らない応募はがきをお互い交換することがあります。

 地方に旅行したときには、その土地のスーパーに行って、いい懸賞がないか探すこともあります」

※女性セブン2014年8月21日・28日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
20年で2000万円の懸賞達人 1等が魅力的なとき2・3等を狙え
懸賞の達人 当たりやすいのは男性誌・スポーツ誌・行政冊子
総額1000万円相当当てた懸賞達人主婦 当たる秘訣とコツ伝授

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP