ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドラえもん映画 ストーリーを知る大人も「泣けた」理由とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 野比のび太の誕生日翌日、8月8日から全国の映画館で公開され大ヒット中の『STAND BY ME ドラえもん』が、劇場内のあちこちからすすり泣きが聞こえると評判だ。TwitterなどSNSでも「泣けた」「号泣した!」との言葉が多いが、なぜ泣いたのかに触れた感想はまだ少ない。そこでTOHOシネマズ日本橋で映画を観終えたばかりの大人たちに、どの場面で泣いたかを聞いてみた。するとドラえもん、のび太くん、しずかちゃん、お父さんなど、いま作中人物の誰を身近に感じているかでもっとも泣ける場面が少しずつ異なることが分かった。

 多くの男性が感動した場面として真っ先に挙げていたのは、ドラえもんが未来へ帰ると決まったあと、のび太がひとりでジャイアンに立ち向かうところだ。ほとんどの人が、かつてマンガやアニメで見てストーリーを知っているにも関わらず泣いたと告白している。

「ドラえもんがいなくなって、のび太がひとりきりで頑張る様子を見ていたら、泣いちゃいました。どんなときも二人の友情は強いんですね」(20代・Aさん)

「のび太が、ドラえもんがいなくてもひとりで頑張ると決意したところです」(40代・Bさん)

「ドラえもんから独り立ちしようと、のび太が頑張るところです。思い出したら、また泣けてきました」(30代・Cさん)

 のび太の気持ちにシンクロして泣いてしまった意見としては、他にも

「しずかちゃんのために、彼女に嫌われようと努力するのび太が健気でせつなかった」(20代・Dさん)

 などが挙げられた。そして女性からは、結婚前夜のしずかちゃんとお父さんのエピソードを挙げる人が多かった。

「しずかちゃんのお父さんが超やさしくて、じわっときちゃいました。自分の父のことを思い出しました」(30代・Eさん)

「いまの時代は家族でも関係が希薄になっていますよね。お父さんは大切なことを言っていたと思います。大人の心に響きます」(30代・Fさん)

 ここまではのび太やしずかちゃんなど作中の子どもたちに自分を重ねた感想だが、4歳の息子さんの誕生日祝いに家族で映画を見に来た30代のGさんは、作中の大人に共感して泣いている。結婚前夜のしずかちゃんにお父さんが語りかける場面で、自分の家族の将来に思いを巡らせたからだ。

「僕も娘がいる父なので。娘はまだ7歳ですが、だんだん女の子らしくなってきて、以前のようにただ子どもっぽいだけではなくなりました。何年先になるかわかりませんが、いつか娘を送り出す父になると思ったら、泣いちゃいましたね」

 同じように50代のHさんは、ドラえもんの親心ともいえるのび太への愛情に、母親としての心情を重ねて涙があふれた。

「ドラえもんが、のび太のダメなところをひとつずつ言いながらポロポロ泣くところ。そこでダメな子ほどかわいいと思う母の気持ちと重なって涙が出ました。以前に同じ話をテレビアニメで見たときは、ドラえもんと別れるのがつらいのび太と同じ気持ちになっていたんですけどね」

 なぜ『STAND BY ME ドラえもん』を観て、これほど大人が涙を流すのか。それは3DCGになったことで、これまでのマンガやアニメ以上に作中のキャラクターを人として身近に感じているからではないかと、泣いた大人たちは口々に言う。

「空き地や街並みなど、40代の自分が子どものころに見た風景が3DCGだととてもリアルに再現されている。だからこそ、大人が感情移入してしまう」(40代・Dさん)

「3DCGだと、アニメなんだけれどアニメじゃないみたい。ストーリーや人間ドラマとしての部分がとても強く感じられて、大人だからこそ泣いてしまう」(30代・Gさん)

 誰もが「泣いた」と口にしながら、観終えた人たちがふんわりと幸せそうな表情を浮かべているのも『STAND BY ME ドラえもん』の特徴だ。ハッピーエンドであることや、エンドロールでドラえもんたちが見せるコメディタッチの愛らしい動きを見て、楽しさに包まれて終わるからだ。大人になると喜怒哀楽を素直に出せなくなりがちだが、頑なになりがちな気持ちをドラえもんが泣いて、楽しんでと開放してくれているらしい。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
通称「のび太」の眼鏡男 CMに妻夫木聡起用であだ名は没収
CG版映画ドラえもんで「ドラ泣き」する大人の女性が続出中
米国版ドラえもん タヌキではなくアザラシに間違えられ激怒

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP