ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『GODZILLA』がヒット 渡辺謙が妻・南果歩と銀座の超人気店へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 特撮映画ゴジラのハリウッドリメイク版『GODZILLA』が世界的大ブームを巻き起こしている。

 日本では7月25日に公開されるや、3日間で観客動員数45万9860人、興行収入6億8348万円超を記録。世界63の国と地域で初週興行ランキング1位を獲得した。

 7月10日、同映画のジャパンプレミアが行われた夜、出演者の渡辺謙(54才)は、妻の南果歩(50才)と東京・銀座のど真ん中にあるフレンチレストランにいた。その店は、ミシュラン2つ星の超人気店。

「コース料理ですから、ラストオーダーは夜8時半なんです。でも渡辺さんご夫妻が5、6人で入店されたのは夜10時頃。私たち他の客はみんな料理を終えて帰る時間でしたから、レストランは渡辺さんたちの貸し切り状態でしたね。料理長と親しいようで、南さんとよくいらっしゃるそうですよ」(居合わせた客)

 銀座の一流店を貸し切るなんて、さすが世界の渡辺。さすがゴジラ。そこにはやはり、公私ともに支えてくれる南への感謝の気持ちがあったに違いない。

「謙さんと南さんが出会ったのは2002年のドラマでの共演でした。映画『ラストサムライ』が公開される前のことで、南さんいわく当時の謙さんは“本当に何も持っていなかった”そう。ひとりで愛犬と暮らしている姿が寂しそうに見えて、“なんとかしてあげたい”という気持ちから2005年の結婚になったそうです」(芸能関係者)

 そんなふうに始まった関係ゆえか、結婚後渡辺が南に改めて切り出した「たったひとつのお願い」を、南自身がインタビューでこう語っていた。

「バッグをそのへんにポンと置いたままにせずに、部屋に持って行ってくれないか。つまずくことがあるんだ」

 これには南も拍子抜けで笑ってしまったというが、もしや南ってゴジラ以上に怖い存在!?

※女性セブン2014年8月21日・28日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
世界的ヒットの新ゴジラ メタボすぎのマシュマロ・ゴジラ評
【二番クイズ】泳げ!たいやきくんに次ぐ歴代二番の曲は?
ベッドに横たわって鎖骨出しこちらをじっと見つめる黒谷友香

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。