ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「スマホのおふとん」が大人気!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

6月下旬、販売元・奇譚クラブの公式ツイッターによる商品発表ツイートに対して、1万7000以上リツイートされるなど、大いに話題となっていたスマホグッズ「スマホのおふとん」。布性の布団型スマホケースだが、同商品が8月6日、ついにカプセルトイとして発売され、反響を呼んでいる。また、発売を記念して「スマホのおふとん」ツイッター写真コンテストが開催されており、こちらも人気だ。

【画像や図表を見る】

カプセルトイは全6種類で、1回300円。ツイッター写真コンテストへの応募条件は「スマホのおふとん」を1点以上被写体に入れること。商品を使用していれば、寝かせるのはスマホではなくてもOKで、作品タイトルとともにハッシュタグ「♯スマホのおふとん」をつけてツイッターに投稿するだけだ。応募期間は9月14日(日)23:59までで、優秀作品には手作り「畳」(最優秀賞1名には6畳、優秀賞2名には2畳)がプレゼントされるという。

ツイッターには、スマホ画面に女の子のイラストを表示させて寝かせたり、スマホカバーに描かれたアニメキャラの顔が出るようにしたりと、楽しむ人が続々登場。なかでも“技”が光るのはスマホの代わりにフィギュアを寝かせる人たちだ。

ウルトラマンが高熱で寝込み、燃え尽きた様子を連写で撮影したり、漫画『進撃の巨人』の登場人物・ミカサが、エレンが眠っているところを襲う場面を作ったりしている。さらに、

「合宿の朝
起きろオラァ!
わー(棒)わふっ
遊んでんじゃねーよお前ら!!」(原文ママ)

というコメントとともに、漫画『黒子のバスケ』のフィギュアで布団を引っぺがす火神大我(かがみたいが)と、布団の上でズッこける黒子テツヤのシーンを演出したり…と、複数のフィギュアを使用し、動きのある作品の数々が投稿されている。

「スマホのおふとん」という名のもと、すっかりフィギュア遊び化しているきらいもある今回の企画だが、遊び心を刺激されている人は多かったようだ。
(R25編集部)

「スマホのおふとん」が大人気!はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク

スマホ用の布団登場 熱は大丈夫?

極薄シートでスマホの熱中症対策

人気定着! 大人向けカプセルトイ

人形用のソフマップ撮影セット登場

川越シェフ公認のコラ画像大会開催

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。