ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

四元豚のBL風コミックが人気に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ブランド豚肉「四元豚シルキーポーク」の「4人のブタキャンペーン」がネット上で大きな話題となっている。

【画像や図表を見る】

このキャンペーンは「四元豚シルキーポーク」のPR企画で、目玉となるのは、特設サイトで連載されている『4人のブタ』というオリジナルコミックだ。イタリアの裕福な養豚家であるシルキー・ポルコが、先祖が残した伝説に従い、「しあわせの豚」を探すというストーリーで、登場するのはイケメンばかり。さらに、ほんのりと“ボーイズラブ”的な雰囲気も漂っている。

このキャンペーンと連動し、スーパーマーケットなどで売られている「四元豚シルキーポーク」のパッケージには、「このブタ買ってくれたら、キスしてやるよ。」というセリフとともに、ワイルド系イケメンキャラが描かれたキャンペーン告知のシールが貼られている。あるツイッターユーザーがその画像を投稿すると約1日で1万8000件以上リツイートされるなど大拡散。これによって、「4人のブタキャンペーン」がネット上での話題の的となったのだ。

豚肉とイケメン系コミックとのコラボという前代未聞のキャンペーンだが、ツイッターでは、なかなか好評の様子。

「やばい、これ。漫画もテンションが変だw」
「TLに流れててなんだこれと思って調べたら想像以上に濃ゆいストーリーがあったでござるの巻」
「話題のこれ、何でBLなんだろう、面白いし…」
「ガチで腐マンガだよ!どゆことなの?」
「取りあえず、近所に売ってるか見てこなくちゃ」
「4人のブタ 第一話を試し読みました 笑いました 取り敢えず読み続けよう」
(以上、すべて原文ママ)

など、少々驚いているネットユーザーもいるが、特にボーイズラブを好む女性からの反応は良好のようだ。

また、同キャンペーンでは、コミックに登場するキャラクターのセリフを考えてツイッターで投稿すると、ノンオイルフライヤーが抽選で50名に当たる企画も実施中。第1弾となったシルキー・ポルコの決めゼリフを考える企画では、

「私のブタコレクションをお見せしよう」
「かわいい子豚ちゃん、私と一緒に幸せを手に入れよう」
「私だけの豚になってくれないか!」

など、キザな甘いセリフが多数投稿されている。

スーパーで売られている豚肉のメイン購入層は主婦。そういう意味では、イケメン系コミックを使ったキャンペーンは、正解なのかもしれない。
(R25編集部)

四元豚のBL風コミックが人気にはコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク

なぜ豚肉は生で食べてはいけない?

豚肉ブロック買い漬け込み方法4選

「スマホのおふとん」が大人気!

漫画は電子版・紙版どちらで読む?

ヴィレヴァン腐女子向け店舗に期待?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。