ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

女の「エッチOKサイン」1位は?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

誰しも一度は憧れるひと夏の恋のアバンチュール。この夏出会った彼女といい雰囲気になったとしても、どこまで積極的にアプローチしていいのか悩んでしまうのが男心。もしかしたら慎重になりすぎて、“両想い”として結ばれる機会を逃してしまっているかも!? 女性の“その気”はどうやって見極めたらよいのか。男性とのデート中に出したことがある、「エッチしてもOK」のサインを、20代女性200人にアンケートしました。

【画像や図表を見る】

〈デート中に出したことがある「エッチしてもOK」サインTOP10〉
(複数回答、協力/アイ・リサーチ)
1位 触られても逃げない 21.0%
2位 ボディタッチをする 17.5%
3位 寄りかかる 14.0%
4位 終電をわざと逃す(終電を忘れたフリも含む) 10.5%
5位 明日の朝、用事がないなど、泊まっても問題ないことをアピールする 9.5%
6位 眠くなったフリ 7.5%
7位 酔っ払ったフリ 6.0%
8位 お酒をたくさん飲む 5.5%
9位 恋愛関係の質問をたくさんする 3.0%
10位 次のお店に行こうと提案する 2.0%

サインを出したことがない 52.5%

これまでサインを出したことがある女性は約半数。そのなかでも、ボティタッチや“誘いやすい状況”を作るなど、わかりやすいサインが上位にランクインした。はたして彼女たちのサインには、どんな意図が込められているのか…セキララなコメントもご紹介しよう。

【1位 触られても逃げない 21.0%】
・いつもと違うと思わせる(25歳)
・ボディタッチが最大のサインになると思うので(28歳)
・触られてる=求められていて、逃げないことはOKということになるかと思うから(27歳)
・拒否したら嫌がっているのと同じだと思うので、思う存分触られて自分もお返しをしてアピールできるので(28歳)

【2位 ボディタッチをする 17.5%】
・生理的にOKであることを示すから(29歳)
・人肌が恋しくなったとも言える状態なので、つい触ってしまう(27歳)
・べたべた触るのではなく腕などを軽くタッチする。「あなたに触れるのに抵抗はないですよ。」というサインのつもり(25歳)
・ボディタッチすることで、向こうも意識してその気になってくると思うので(26歳)
・一番わかりやすいから(25歳)

【3位 寄りかかる 14.0%】
・寄りかかることで自然と距離が近づくので(26歳)
・気を許していることを気付かせるため(28歳)
・全てを許しているよ、というサインとして(27歳)
・ちょっと甘えた感じで寄り添えば、離れたくないという意思表示になると思うので(26歳)

【4位 終電をわざと逃す(終電を忘れたフリも含む) 10.5%】
・必然的に、どこか泊まるか、遊ぶか時間をつぶさなくてはいけなくなるから(27歳)
・泊まろうと思っての行動なので、エッチする可能性があると思う(28歳)
・もっと一緒にいたかった自分から帰ると言えなかった(29歳)
・好きでもない人相手だと、翌日休みでもまず終電前には帰る(28歳)

【5位 明日の朝、用事がないなど、泊まっても問題ないことをアピールする 9.5%】
・泊まる=エッチだから(27歳)
・友達だったら絶対に言わないことだから(24歳)
・男性に決めてもらう形にするが、自分は大丈夫だよということのアピール(29歳)
・遅くなっても全く問題がない、暇だからさみしい雰囲気を出してみて、相手の反応をみる。例えば、「俺も暇」と言われたら、オッケーなのかな?と思うけれど、「俺は忙しい」と言われたら、やんわり否定されているかなと思う(24歳)

女性サイドもどうしたら意思が伝わるのか、悩みながらサインを出している模様。あくまでも、ケースバイケースだが、「今夜こそ!」と思う時には、まずは相手に触れてみて、相手の反応をよくみることから始めるのがよさそうだ。
(R25編集部)

女の「エッチOKサイン」1位は?はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク

女性のOKサインは“○○の早さ”

女子の「脈ありサイン」TOP10

「不倫OK女子」5つの見分け方

フラれる予兆! 別れのサイン7カ条

“誘いの合図”は男の勘違い!?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP