ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

北大が研究中の新放射線治療 がん組織を効率良く狙って破壊

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 がんの3大治療といえば「手術」「抗がん剤」「放射線治療」だ。現在、原理的にがん細胞だけを破壊することができる「ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)」の研究を、京都大学原子炉実験所が進めて注目を浴びているが、BNCTと同様に正常な組織に与えるダメージを極小化する放射線治療であり、かつ深い部位でも治療できる方法が北海道大学で研究されている。

 違いは、X線でも中性子線でもなく「陽子線」を使うことだ。陽子線は他の放射線とは異なり人体の奥深くでその照射エネルギーが大きくなる性質を持っている。その性質をうまく使えば肝臓のような体の深部にあるがんを治療できる。

 陽子線治療は先進医療としてすでに全国9か所で行なわれている。その中で北大病院は今春、前述の陽子線の長所をさらに伸ばした「スポットスキャニング」と呼ばれる最新技術を導入した。同院の陽子線治療センター長・白土博樹氏が解説する。

「スポットスキャニングは日立製作所が開発した新しい照射法です。従来の放射線よりも、照射エネルギーが最大になる深さをピンポイントで調節できるようになったことが特徴です」

 X線による放射線治療では、照射エネルギーが体の浅い部分で最大になることが多かった。深部のがんでは、どうしても患部より手前にある正常な組織にもダメージを与えてしまう。その点、陽子線治療は体の深部で照射エネルギーが大きくなる。さらにスポットスキャニングを用いた最新の陽子線治療では、より患部にエネルギーが集中するようコントロールできるため、正常な細胞を傷つけにくい。

 放射線治療は、がん組織めがけて四方八方から少量ずつ照射する。同じ方向から照射し続けると正常な組織にもダメージが蓄積してしまうからだ。効率良くがん組織を狙えるスポットスキャニングによって陽子線を多方向から患部に当てれば、「がん組織だけを強いエネルギーで壊す」ことが可能になる。

 対象となるがんは、「頭からつま先まで、固形がんであれば種類を問わない」(白土氏)。特にX線では治療が困難とされる大きながんに向いているという。照射に要する期間は個人差があるが、1回30分~1時間で、1週間から1か月半かけて行なうという。

 3月にスポットスキャニングを導入してから11例の臨床研究を行ない、いずれも従来のX線による治療より副作用の報告が少なかった。中長期的な経過観察はこれからだ。

※週刊ポスト2014年8月15・22日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
がんの陽子線治療 放射線治療よりも少ない回数で終了が可能
肺がん陽子線治療 「痛くも熱くもなく楽だった」と患者驚く
なかにし礼のがん治療法 専用機器50億円、電気代月1200万円

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP