ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

バットマンがマスクを脱ぎ真のアウトローになる!傑作『ファーナス/訣別の朝』

DATE:
  • ガジェット通信を≫

レオナルド・ディカプリオとリドリー・スコットが製作でタッグを組み、『ダークナイト』シリーズのバットマン役で知られるクリスチャン・ベイルが主演と聞けば、なにやら絶対凄そうな映画!と期待をもってしまうのは仕方がない。そんな映画がこの秋日本公開となる。『ファーナス/訣別の朝』だ。

家族、恋人を失い絶望の淵に追い込まれる男の孤独な戦いを描いた極上のアメリカン・クライムドラマ。AOL Newsでは7週連続で『ファーナス/訣別の朝』のキャラクターを紹介していく。

第1回は、マスクを脱ぎ捨てたヒーローが、等身大の演技でアメリカを体現するクリスチャン・ベイル。

『ファーナス/訣別の朝』は、ペンシルベニアの田舎町ブラドックで生まれ育った男の物語。ベイルが演じる主人公ラッセルは、年老いて寝たきりの父、ギャンブルに手を出し借金を抱える軍人の弟の面倒をみながら、閉鎖寸前の製鉄所で働いている。家族への愛、育った町への愛着、父と同じ仕事に従事するという伝統的な価値観を守り、実直に生きてきた。しかし、ある夜を境に彼の運命は一変することになる――。

すでに公開されている全米の批評家からは、「熱い人間ドラマ、素晴らしいキャスト達の迫真の演技にグッとくるものがある」(IMDb)、「今までで最高の演技。クリスチャン・ベイルを称賛せずにはいられない」(IMDb)、「兄弟愛溢れるせつないクライム・ドラマは、ディア・ハンターを彷彿させる」(rotten tomatoes)、「この映画はエンドロールの後に私達が考えるべきことを見せてくれた」(IMDb)等、ベイルを中心とするキャスト陣の素晴らしさ、リアルな人間ドラマを描いたストーリーに絶賛の嵐。

『ダークナイト・ライジング』(12)の撮影中に本作の脚本を受け取ったというベイルは、撮影スケジュールが取れないことが分かっていながらも、脚本を読みとおさずにはいられなかったという。

「脚本を読んで心を奪われた。ダークナイトを撮り終えてクーパー監督に連絡したら、彼は待っていてくれたんだ。だから僕たちでこの映画を作ったが、これまでで最高の経験の一つになった。おそらく、他のどの国もかつてはそうだったように、アメリカはまだまだ若くて、とても暴力的だ。だからこそ、検証に値する場所だと思う。あまりにも生々しく、新しいから。だから、ペンシベニア州のブラッドックという街や、ラッセルやケイシーの演じたキャラクターはとても重要な題材だ。いまこの国の瀬戸際に立っている人々の疑問を呈している。これからどこにいくのか、と。この映画は兄弟愛と、育った場所への愛情、それを失いかけた時にすべきことを描いている」

と熱いコメントを残している。

ベイル演じる主人公には、父の死、最愛の女性リナ(ゾーイ・サルダナ)との別離、そして弟ロドニー(ケイシー・アフレック)の突然の失踪という事件が襲いかかる。叔父(サム・シェパード)と共に弟の行方を追う彼は、山脈地帯の極悪人ハーラン・デグロート(ウディ・ハレルソン)との対決を決意することになるのだが…。

『ファーナス/訣別の朝』は、9月27日(土)より全国ロードショー

■クリスチャン・ベイル プロフィール

1974年1月30日、イギリスのウェールズに生まれる。母親はサーカスのダンサー、祖父はコメディアンで、子供の頃からエンターテイメントの世界に親しんで育った。10歳の頃から演技の勉強をはじめ、演劇学校に入学。1984年にローワン・アトキンソンが演出した舞台『The Nerd』に出演。そして、スティーヴン・スピルバーグ監督作『太陽の帝国』(87)のオーディションに応募し、4000人の中から主人公に選ばれて映画デビューを果たした。その後、しばらく学業に専念。ケネス・ブラナー監督作『ヘンリー五世』(89)で俳優として復帰する。その後、『ベルベット・ゴールドマイン』(98)、『アメリカン・サイコ』(00)などで個性的なキャラクターを演じて注目を集める。『バットマン ビギンズ』(05)では主人公のブルース・ウェイン役を演じ、『ダークナイト』(08)、『ダークナイト ライジング』(12)とバットマン・シリーズに出演。バットマンは彼のあたり役になった。『マシニスト』(04)では役作りのために30キロの減量を行って話題になったが、髪の毛を抜き、歯並びまで変えて役作りをした『ザ・ファイター』(10)でアカデミー賞とゴールデン・グローブ賞の助演男優賞を受賞。その他の主な出演作は、『プレステージ』(06)、『ターミネーター4』(09)、『アメリカン・ハッスル』(13)など。待機作には、リドリー・スコット監督作『Exodus:Gods and Kings』(14)がある。文芸ドラマからアクション大作まで幅広くこなせる演技は高い評価を得ている。

(C)2013 Furnace Films, LLC All Rights Reserved

【参照リンク】

・『ファーナス/訣別の朝』公式サイト

http://furnace-movie.jp/ 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP