体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スカパラ、デビュー25周年の感謝を込めたフリーライブで70分の熱演!

東京スカパラダイスオーケストラがデビュー25周年アニバーサリーアルバム「SKA ME FOREVER」発売前日の8月12日(火)に、代々木公園野外ステージにてフリーライブを開催した。

8月12日(火)@代々木公園野外ステージ (okmusic UP's)

8月9日(土)に開催されたスカパラ主催フェス「トーキョースカジャンボリーVol.4」(通称:スカジャン)のチケットが早々に完売したことを受け、スカジャンのチケットが取れなかった人たちがスカパラのライブを観れる機会を設けようと、スカジャンの“後夜祭”的な意味合いとデビュー25周年の感謝を込めて、8月12日にフリーライブを開催する運びとなった。その名も「東京スカパラダイスオーケストラ presents”トーキョーフリージャンボリー” supported by uP!!!」。スカパラは同所にて2007年3月、2012年3月と過去2度にわたりフリーライブを行っており、今回で3回目の開催となる。過去2回は午後2時台であったが、3回目となる今回は18時開演と、初の夜帯での開催となった。

雨が降ったり止んだりと落ち着きのない空模様の下ではあるが、約4,000人がスカパラの登場を待ちわびる中、定刻18時にスカパラ登場を告げるオープニングSEが流れる。そのなかを黒地に迷彩柄のスタイリッシュなスーツでキメたスカパラメンバー9名がステージ下手より、大森はじめ(Percussion)、川上つよし(Bass)、沖祐市(Keyboards)、茂木欣一(Drums)、加藤隆志(Guitar)、谷中敦(Baritone sax)、北原雅彦(Trombone)、NARGO(Trumpet)、GAMO(Tenor sax)の順で登場!

オープニングナンバー「SHOT IN THE DARK」のイントロが奏でられ、大森はじめの「代々木! We are TOKYO SKA PARADISE ORCHESTRA! トーキョーフリージャンボリーへ、よーこそ! 天気悪いけどさぁ、いっしょに盛り上がろうぜ!いっしょに楽しもうぜ! いっしょに踊ろうぜ! Here We Go!SHOT IN THE DARK!」を合図に熱狂のライブがスタートした。

2曲目の「5days of TEQUILA」で熱狂がさらに加速していく。加藤隆志が「行こうぜ!」とオーディエンスを煽るなか、沖祐市がアコーディオンを奏で、川上つよしがステージセンターで「ペドラーズ、トゥーサウザント・フォーティーン!」とシャウトすると同時に、加藤隆志の激しいギターリフが鳴り響く。1989年にスカパラが初めて世に放った作品である通称“黄色いアナログ”の1曲目に収録されている「ペドラーズ」を、2014年最新型としてフルモデルチェンジした「ペドラーズ2014」が演奏される。スカパラメンバーがステージ狭しと縦横無尽に激しく動きまくり、沖祐市のナゾの言葉「ピロ~シキ~」が代々木のグレーな空に響き渡る。谷中敦が最初のMCで「集まってくれてどうもありがとう!東京スカパラダイスオーケストラ25周年です。そして、明日アルバム発売です。両方を祝っておもいっきり暴れてほしい。トーキョーフリージャンボリー! おもいっきりフリーになってくれよ! 闘うように楽しんでくれよ!」とオーディエンスのココロとカラダを解放させる。

沖祐市の鍵盤が炸裂する「Wild Cat」や、谷中敦のバリトンサックスと加藤隆志のギターによる男の色香漂うバトルが繰り広げられる「STORM RIDER」がオーディエンスを激しく踊らせていく。日本のフェスのアンセムと言っても過言ではない「DOWN BEAT STOMP」では大人に交じって小さな子供たちまでもが踊りまくるという素晴らしい光景が会場中に広がっている。茂木欣一が「センキュー、センキュー、センキュー!」とオーディエンスに感謝の想いを伝え、「今年スカパラ25周年で、その喜びをこのひと言に集約しています。」と言ったあと、ドイツ語で喜びを表す言葉である“フロイデー”をオーディエンスに教授する。続けて、今まででいちばん時間をかけて、いちばん最高のアルバム「SAK ME FOREVER」が完成したことを報告。最近のスカパラの作品が評論家などに「手堅い」とか「安定感」といった言葉で片付けられてしまうことにモヤモヤしており、スカパラのメンバーで「最高の作品を作るしかない」と話し合っていたことを伝えるとオーディエンスからは大歓声が沸き起こる。そして、加藤隆志が「オレたちここでつまらないアルバム作ったらもう辞めよう。」と誓っていたことを話すと、大きなどよめきとともに、その覚悟を称賛する大きな拍手が起こった。

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。