ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「頭文字D」の同人展示があまりに衝撃的と話題に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今年もまもなくコミケが開催されるが、そんな中、人気漫画『頭文字D』の同人作品『電車でD』が、お台場で開催中のプロモーションイベントに登場し、話題となっている。

トヨタのハチロクを筆頭に、いわゆる「走り屋」に人気の車種が数多く登場し、華麗なドリフトを披露することで知られる『頭文字D』に対し、この『電車でD』は、その名の通り、「電車」が登場する作品。

「まさかの複線ドリフトwwww」

「なかなか面白そうじゃん」

「あまりに衝撃的w」

「これ、ゲームもあるんだろ?」

「これくらいのおふざけはいいでしょ」

…と、線路上を走る電車のドリフトに、ネット上では「脱線事故を思い起こさせるのでは?」と批判的な声も出ているが、少なくとも、現実にはまずありえないドリフトだけに、ある種のファンタジーとして、期待する声が集まっているようだ。

文・藤井 一成

■参照リンク

画像参照元

https://twitter.com/comiketofficial/statuses/499087333363171329 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。