ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本の厳しい残暑を五感で乗りきる、涼感たっぷりの風鈴アプリ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

お盆を迎え、8月半ば。暦の上では立秋でも、まだまだ猛暑の日本の夏、ついついエアコンに頼ってしまうのが現代人の性。

それでも過剰な使用は、やはり体にはよくない。忙しくて避暑に行く暇はないけれど、機械に頼らず、何とか夏を乗り切りたい!と願う人も多いと思われる。

そんな悩める都会人のため、この8月、体に負担をかけずに涼めるアプリがリリースされた。

「風鈴」は、その名の通り、オンするだけで風鈴の音が聞こえてくるシンプルなアプリ。スマホさえあれば、その場で涼しげな音色に耳を傾けることができるというもの。風鈴は4種類あり、好みや気分に合わせてチョイスできる。

デザインはどれもキュート。渋めの南部鉄器から絵柄のついたガラス製まで、多彩なラインナップ。

短冊にも趣向を凝らしてあり、星や朝顔、金魚に麻布を使ったものなど、見るだけで楽しい柄がそろう。アプリとは思えないほど、細かい配慮がなされているところも粋だ。

「心頭を滅却すれば、火もまた涼し」のことわざが示すように、古来、日本人には無念無想の意識が備わっている。心の持ち方次第で火さえ涼しく感じられる、というのはさすがに無理があるが、何事も気の持ちようで対処できるのは確かだ。この夏、五感をフルに刺激して、風流に涼感を楽しんでみてはいかがだろうか。

風鈴

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP