ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ひと目でそれと分かるクリエイティブなバス停が登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

街のいたる所にあるバス停にほんのちょっとだけ工夫を加えて、日常にアクセントを加える試みが、このところよく見られる。

このほど、アメリカのメリーランド州・ボルチモアにも、そうした流れの中に位置づけられるような、インパクトのあるバス停が登場した。

それが、こちらの“BUS”。

手がけたのは1998年からマドリードの公共スペースのデザインも担当する、スペインのアーティスト集団“mmmm…”だ。

今回の作品は、バスを待っている時間に人とふれあい、楽しむことができる街中のレジャースポットとして制作されたもの。

鉄と木で作られた約4.2mにもおよぶ3つのアルファベットには、4人ほどが入れる。

“B”の中に立てば、日差しが強いときや悪天候時のシェルター代わりに、のんびりしたいときは“S”の中で寝そべって楽な姿勢をとってみたり、さまざまな使い途がありそう。

退屈な待ち時間を楽しいひとときに変えてくれるユニークなこの試み。ぜひ日本にもこんなバス停を作ってほしいものだ。

BUS STOP

http://www.mmmm.tv/enindex.html

The post ひと目でそれと分かるクリエイティブなバス停が登場 appeared first on ISUTA(イスタ)オシャレを発信するニュースサイト.

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP