ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【怪作大集合】キングレコードが選ぶ“死ぬまでに観ておくべきホラー映画”18本 超お手ごろ価格で再発売[ホラー通信]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


まだ観ていないけれど、絶対に観ておくべき傑作映画が世の中には沢山ある――。
そこで、キングレコードが気合を入れてハズレなしの超傑作洋画を50本セレクトし、『死ぬまでにこれは観ろ!キングDVDセレクション』として8月6日にDVDを再発売。このなかにはホラー映画がなんと18本も含まれているんです。

この『観ろキン』セレクション、1900円(外税)というかなりのバリュープライスなのですが、3枚買うともう1枚もらえるという太っ腹キャンペーンも実施中。つまり、3枚分の値段5700円で4枚ゲットできてしまう……。1本あたり1425円、なんという鼻血プライス! あなたのコレクションに一挙に名作を追加するチャンス。

では、『観ろキン』セレクションのなかからホラー作品のみに絞り込んでラインナップをご紹介。是非欲しいものをチェックして!

アルジェントの魔女3部作、そろってます


・『サスペリア』(吹替あり)
・『インフェルノ』(吹替あり)
・『サスペリア・テルザ 最後の魔女』(吹替あり)

今なお新作をリリースし続ける元気な名監督ダリオ・アルジェントの代表作“魔女3部作”を、なんとすべて吹替付きでラインナップ。
いつまでも色褪せない、色彩と音が脳にこびりつく恐怖シーンの数々は「どんなに技術が進歩してもこの衝撃は超えられないだろう」と思わせてくれます。……決してひとりでは見ないでください。

スプラッターの元祖!ハーシェル・ゴードン・ルイス


・『血の祝祭日』
・『2000人の狂人』
・『カラー・ミー・ブラッド・レッド』
・『血の魔術師』
・『ゴア・ゴア・ガールズ』

切る!裂く!抉る! 世界初のスプラッター映画とされる『血の祝祭日』ほか、ハーシェル・ゴードン・ルイスのゴア・ゴアなスプラッター作をドドンと5作もラインナップ。ずいぶん多いな! 血を絵の具に使いたいがために殺人を繰り返す『カラー・ミー・ブラッド・レッド』、人体切断マジックで手品師が本当に人を殺していた?という謎をめぐる『血の魔術師』など、ゴアなだけでなくアイデアの面白い作品が揃っています。もちろん、愉快なテーマソングがトラウマ級の痛快残酷作『2000人の狂人』は欠かせませんねッ。

ピンヘッドさんをお家にお出迎え! 『ヘルレイザー』シリーズ


・『ヘルレイザー』(吹替あり)
・『ヘルレイザー2』
・『ヘルレイザー3』

現在9作まで制作されている人気SFXホラーシリーズから最初の3作をセレクト。謎のパズルボックスを解いてしまった者たちが魔道士(セノバイト)によって味わわされる“究極の痛み”のシーンは超超超強烈! 現在、原作を手がけたクライヴ・パーカーによる同作のリブート版も進行中だとか。今のうちにオリジナル版を復習だ!

シャム双生児お兄ちゃん、蛇人間、監禁拷問、殺人鬼つきお化け屋敷……まだまだあるよホラー必修作


・『バスケットケース』
・『怪奇!吸血人間スネーク』
・『隣の家の少女』(吹替あり)
・『鮮血の美学』
・『マーターズ』
・『ファンハウス惨劇の館』(吹替あり)
・『屋敷女』

切断されたシャム双生児のお兄ちゃんが巻き起こす血と涙の惨劇『バスケットケース』、ジョーズの製作者コンビが手がけたヘビー(蛇)級カルト作『怪奇!吸血人間スネーク』、ひとりの少女をなぶりもてあそぶ人間の怖さを描く『隣の家の少女』、ウェス・クレイブンのレイプリベンジムービー『鮮血の美学』、並のホラーでは満足できなくなってしまった人にもオススメのパスカル・ロジェの衝撃作『マーターズ』、妊婦が女殺人鬼に襲われるフレンチスプラッター『屋敷女』(座敷女じゃないよ!)、トビー・フーパー監督が殺人鬼の潜むお化け屋敷の恐怖を描く『ファンハウス惨劇の館』……と、多種多様なホラーが勢揃い。

さあさあ、どれを買うか決まりましたか? もう全部欲しいくらいですけどね!
ご紹介したホラー作品以外にも個性豊かすぎる作品の数々がそろう『死ぬまでにこれは観ろ!キングDVDセレクション』。全50作品のラインナップは公式サイトをチェック!
http://korehamiro-kingvideo.com/

2014夏 ホラー情報まとめページ http://horror2.jp/summer2014[リンク]

レイナスの記事一覧をみる ▶

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP