ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

忘れられる権利

DATE:
  • ガジェット通信を≫

忘れられる権利とは、インターネット上で個人情報を公開された人が、ネット事業者にデータ削除を要求できる権利のこと。この定義は、2014年3月に欧州連合(EU)議会が可決した「データ保護規則」(規則はEU域内で法的効力を持つ)に盛り込まれたものによる。

2010年代に入ってから生み出された新しい権利だが、その背景には、インターネットでありとあらゆる情報が入手できるようになった反面、個人情報もさらされやすくなった現実がある。例えば、検索サイトで「A川B男」という人について調べると、「A川B男 ○○株式会社」「A川B男 陸上競技」など、サジェストされた単語だけで、その人の仕事や趣味などが分かってしまう場合がある。多くのネットユーザーにとって、思い当たることだろう。

2011年にはフランスで、他人に見られたくない自分の写真が表示されるとして、女性がGoogleを相手に裁判を起こし、検索結果からの画像削除を命じる判決が出されている。以後も、欧州で同様の訴訟が起こっており、EUが忘れられる権利を法的に認めたのも、これらの問題に対処するためだ。

忘れられる権利に対して、検索サイトやソーシャルネットワークサービス(SNS)といったネット事業者は対応を進めつつも、「報道の自由、知る権利を侵害し、検閲となる恐れがある」と主張している。これに対し、欧州委員会のビビアン・レディング副委員長(司法担当)は、法案審議中の2012年に「歴史を抹消する権利ではなく、新聞(の過去記事の削除までは求めていないこと)が良い例。表現・報道の自由の方が優先される」と、ほかの権利との対立を否定する見方を示している。

今のところ、忘れられる権利を法律で明文化しているのはEUのみだが、同種の問題は世界中のどこでも起こり得ることだ。日本でも、個人に関わる情報の「さらし」や、それに伴う「炎上」が起こると、忘れられる権利が報道で取り上げられることもある。行政や企業、そしてネットユーザーである一般市民が考えていくべき問題であり、また、議論がより深まっていくことで、忘れられる権利の範囲や性質も変化、拡大していく可能性があるといえるだろう。

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP