ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

宅配業者にクレーマー体質の老人 荷物にVIPシール貼られる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 石原慎太郎氏が自らを「暴走老人」と呼ぶなど、時々耳にするこの言葉。だが、私たちの周りにもちらほらと…。

 東京都在住のA子さん(53才・主婦)の80才の父親は、宅配業者が指定の時間に1分でも遅れると、「困るじゃないか」「指定してる意味がない」と玄関先で文句をタラタラ、時には大きな声で怒鳴ることもあるという。

「多少遅れるのはしょうがないでしょ。だいたいお父さん、ずーっと家にいるんだからいつだって困らないじゃない」とA子さんがフォローしても聞く耳持たずで、会社にクレームの電話を入れることもあるとか。

「そんなある時、うちに届く荷物に金色のシールが貼られていることに気づいたんです。配達関係の仕事をしている友人にそのことを言うと、『すごいじゃん。それはVIPシールといって、大口の業者とか大事な大事な品物とか、あとは…注意しなきゃいけない人にしか貼らないんだよ』と驚いていました。

 ウチの父は“危険人物”扱いされてるんですね」(A子さん)

※女性セブン2014年8月21・28日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
年上好き公言のピース綾部 若貴母・藤田紀子さんと交際報道
地井武男さん 前妻口癖は「私が死んだら若い人を見つけて」
山路徹 母親と一緒に寝る夫に悩む女性に「姑と3人で寝ろ」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP