ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

薄毛の境界線は6cm ポジティブ対応なら7cm以上でも好印象

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「薬用スカルプD」シリーズなどエイジングケア商品を展開するアンファーが、頭皮や毛髪に関する正しい知識を広めることを目的としたWebサイト「髪のせんせい by アンファー」をオープン。同社ではサイト公開にあたり、500名(20代~40代有職者の男性300名・女性200名)を対象に「男性の薄毛」に関する意識・実態調査を行ない、印象としての「薄毛の境界線」がどのあたりに位置しているのか明らかになった。

 同調査では「前頭部の薄毛」に注目し、「おでこ(眉山から髪の生え際を直線で結んだ距離)の広さが何cm以上になると、薄毛だと思いますか?」と質問。男女共に1番多かった回答は、男性が43%、女性は46%で「7cm以上」。また、女性は男性より薄毛のジャッジが厳しい傾向にあり、もう1段階狭い「6cm以上」と答えた人も42%いたという。

 トイレの鏡の前で、隣の先輩を見ながら“俺はまだ大丈夫”と思ったり、同僚同士で「そろそろヤバイかな?」「いやいや。お前はまだ大丈夫だよ。俺なんて……」と励まし合ってみたりしても、厳しい女性から見たら「全員まとめて、薄毛に見えるから!」と思われている可能性があるということか。

 しかし、女性から見て必ずしも「薄毛=アウト」というわけではない。女性および薄毛ではない男性への、「薄毛でも好感度が高い男性はどのような人だと思いますか?」と言う質問に、最も多かったのは「自分に自信をもって堂々としている人」の60%。また、女性は「薄毛でも好感度が高い男性」に、より“具体的な対策”をしているタイプを挙げており、「頭皮ケアなどにも気を遣う、清潔感のある人」(36%)、「一生懸命に薄毛対策をする前向きな人」(14%)といった回答も目立つ。

「薄毛でもモテそうな人の条件」についての自由回答では、「薄毛でも髪型に気を使ってる人」(35歳・女性)、「バーコードのように悪あがきせず、髪を短くして清潔にしている人」(27歳・女性)、「薄毛を気にせず、清潔感がある人」(24歳・女性)、「素直にヘアケアをしている人」(35歳・女性)などのコメントが見られた。気にしすぎて妙な髪形になったり、現実を直視せずにケアを怠るのはアウトだが、前向きにケアしていることをアピールしたり、薄毛であることを“堂々と受け入れている”髪型であれば、好印象という結果だ。

 周りの女性にも聞いてみると、「気にする気持ちは理解できるけど、あんまりコソコソしてると“小っちゃい男だな”っていう感じがして、マイナスイメージなのかも。自分からネタにしつつ『ケアしないとね』とか、『どんな髪型ならイケるんだろ~』と言っている人の方が、懐が深いっていうか“自分の悩みも、こんな風に前向きに考えられるのか”と、頼りがいを感じますね」と高評価。薄毛に悩んで人目を気にし、隠すことに気を遣うよりも、あえて表に出すことの方が、好感度アップに繋がるポイントになるようだ。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
女性の薄毛トラブルは低体温で発生する例も 低体温改善も必要
杉村太蔵氏 「ハゲ男にはいい人に見えるアドバンテージある」
薄毛不安で出世捨てる若者 「ポジハゲはエリートの証」と識者

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP