ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

25周年記念「攻殻機動隊大原画展」開催中!東京、大阪、福岡、新潟を巡回

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「攻殻機動隊大原画展」メインビジュアル
©1995士郎正宗/講談社・バンダイビジュアル・MANGA ENTERTAINMENT

東京・池袋の西武池袋本店で現在、「攻殻機動隊大原画展」が行われている。

「攻殻機動隊/GHOST IN THE SHELL」誕生25周年を記念して行っている同イベント。池袋での開催は8月20日までで、、8月27日〜9月8日には大阪・阪神梅田本店、10月7日〜14日には福岡・博多阪急、10月18日〜11月30日には新潟市マンガ・アニメ情報館とういうように巡回する。

会場では、原作者・士郎正宗氏のデジタル原画・原稿などから、貴重なアニメーションの原画、セル画、資料など300点以上を展示。「今もなお、色褪せることない、壮大な近未来の世界観を描いた『攻殻機動隊』の歴史を振り返る大規模な展覧会となっている」という。

そのほか、「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」シリーズのDVDパッケージ水彩画・原画や、「イノセンス」(押井守監督)の原画、「攻殻機動隊ARISE」(黄瀬和哉総監督)の原画なども多数展示。

会場内のショップでは、原画展の為に制作されたオリジナルグッズを販売。「原画展公式パンフレット」では、「攻殻機動隊/GHOST IN THE SHELL」でキャラクターデザイン・作画監督を担当した沖浦氏の描き下ろしイラストを12年ぶりに掲載しているほか、S.A.C.の原画展描き下ろしイラストや、貴重な資料なども多数出展している。

西武池袋本店での開催時間は10時〜20時(最終日は18時閉場)で、入場料は一般=800、大学生・高校生=600円、中学生以下無料。そのほか詳細はホームページで確認できる。

西武池袋本店「攻殻機動隊大原画展」の外観
©1995士郎正宗/講談社・バンダイビジュアル・MANGA ENTERTAINMENT

▼リンク

「攻殻機動隊大原画展」

カテゴリー : エンタメ タグ :
YATTAR JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP