ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

恋は半径100メートル!? 店長から店長に乗り換えた女子大生居酒屋バイトの話

DATE:
  • ガジェット通信を≫

外食産業で働いていると、男性社員と女子アルバイトが恋愛関係になるケースは珍しくありません。私の元上司である本部長の奥さんも、アルバイトで働いていた女性でしたし、部長も同様でした。

女子社員と男子アルバイトのケースもありました。その時は女の子が妊娠して、退職にまで話が発展しました(汗)。「恋は半径100メートル以内」とはよく言ったものです。(ライター:ナイン)
閉店後に5人で飲み、開店準備に戻ってみると

私の店でも、こんなことがありました。女子大生アルバイトのSさんは人当たりがよく、明るいキャラクターで誰にでも好かれるタイプです。ファッションに少し奇抜なところがあり、ガールズバンドのギタリストみたいなイメージでしょうか。

ある日、私は従業員たちと閉店後の店で飲んでいました。誤解がないように言うと、居酒屋の店員は、店の商品をタダで飲み食いするようなことは決してしません。コンビニなどでお酒やつまみを買ってきて、店で飲むのです。

この日は皆かなり酔っ払い、フラフラになっていました。深夜から飲み始め、気づけばもうサラリーマンが出社する時間。夕方にシフトが入っている私は、ここで帰宅し、店にはSさんとウチの店のA店長、男子バイトが2名ほど残っていました。

そして開店前、私が出勤すると、店には男子バイトが残っていました。「だいぶ飲まされたんだろうな」と思える状況で、ウィスキーのボトルを抱きしめてスヤスヤ眠る子が1人、廊下にうつぶせで倒れて寝ている子が1人いました。

只今、午後の3時。私が帰って6時間ほど経っていました。彼らを起こすのも忍びないので、開店時間までそっとしておこうと思ったそのとき、店の電話が鳴りました。

「あのさぁ、Sが帰ってきてないんだけど、何か知らない?」

相手は、Sさんと付き合っている先輩店長のBさん。1キロほど離れた店を担当していて年は20代後半。Sさんの7歳上ですが、外食チェーンの従業員間では、こうした年の差恋愛はよくあるケースです。
「酒に酔って覚えていない」店長は何をされたのか?

そういえば店にはSさんの姿も、それからウチのA店長も見当たりません。私は「昨日は明け方みんなで飲んでたんですよ、Sさんも一緒に。僕は途中で帰ったんで詳しくはわかりませんが、でもかなり飲んでたみたいですね」と伝えました。

「そうなんだ。なんかわかったら連絡してくれる?」

そう言われ、電話を切りました。そして次の日。なんとA店長とSさんが、店長の家に2人でいたことが発覚しました。20代の若い男女が、2人きりで一夜を共にしたのです。これはもう「疑惑」では済みません。

私は動揺し、A店長に「ちょっとどうしたんですか。Sさんは先輩の彼女なの知ってるでしょ?」と問いただしましたが、「酒に酔って覚えていない」と言うばかり。週刊誌などによくある、浮気現場を目撃された芸能人のような弁解を繰り返しました。

その後、怒ったB店長がSさんと別れたことは言うまでもありません。それから2週間ほど経って、Sさんは、なんとウチのA店長と付き合い始めました。

これはSさんのシナリオ通りだったのでしょうか。それとも浮気がバレてフリーになったし、「まぁいっか」みたいなことなのでしょうか――。こういった私たち同僚の疑問は、未だ解決されていません。以上、簡単ですが「店長と別れて別の店長に乗り換えた女子大生バイト」の話でした。あー、怖い怖い。

あわせてよみたい:居酒屋Wの裏側を綴る連載バックナンバー

【プロフィール】ナイン
北海道在住の20代後半の男性。大学卒業後、居酒屋チェーンWを運営する会社に正社員として入社。都内店舗のスタッフや副店長として約4年間勤務した後、「もう少し発展性のある仕事がしたい」と転職。現場を知る立場から、外食産業を頭ごなしにブラックと批判する声には「違和感がある」という。TwitterFacebookブログ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。